FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
675位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
58位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日誌
今日は、不燃物・資源ゴミ回収の日。
朝一でせっせと楽舎のゴミを出す。
毎回毎回すごい量だ。
娘の学校でアルミ缶集めをしているので、大量のアルミ缶は学校へ持っていける。
しかしそれ以上に、ペットボトルの量がすごい。
あいつはメッチャかさばるしねぇ・・・軽いけど。
この世はペットボトルなもんだねや。

ゴミ出すのに1時間かかった。
その後、奥屋内に向けて出発。
来月開催する「こうち体験ツーリズム大学 体感研修」でお世話になる山師のおっちゃんと打ち合わせ。
「何人来るがぞ?」という質問に胸が痛む・・・
が、がんばります!!!
皆さん是非ご参加を!

そして、あさって開催する四万十小楽校「森の体験」の下見で黒尊へ。
あさっては、小学生たちと、八面山登山。ブナ林で遊ぶ予定。
途中、大駄馬でお便所をすませ、坂道をどんどん登りかけた時、
「!!!」となる。
問題発生!
行くか戻るか悩む。
戻ろうかな~と思いながら、車をどんどん走らせる。
後戻りできない・・・。

そんな不安定な気持ちのまま八面山、大久保山登山口に到着。
とにかく頂上を目指す!
先月山の1日先生養成講座で登った時は、笹が足元が見えないくらい茂っていたのが、すっかりきれに刈ってくれていて、歩きやすい。
IMG_0405.jpg


登れば登るほど、ガスってきた。
景色まったく見えず。
IMG_0406.jpg IMG_0415.jpg


約30分で頂上到着。
やっと携帯がつながる。
すぐさま、楽舎に電話。
山田隊長が出た。
「もしもしーっ、隊長今日お時間ありますかー?」
「何時から何時まで?」
「いやぁ・・・帰りのガソリンがなくなって・・・」
「ばかっ」
「Eランプがついてから、15キロほど走ったがやけど、あとどればぁ走るかわからんし」
「ばかっ 何で入れていかんがぞっ」
「全く気がつきませんでしたぁ・・・」
「ばかっ 今からガソリン持っていかえ」
「はいぃ~、お願いしますぅ~、お昼食べてからでいいのでゆっくり来て下さぁい」
「弁当持っていってそっちで食うけん、今すぐ行く」
「今からブナ林やし、登山口戻るまで小1時間はかかると思うけん。ではでは、よろしくおねがいしますぅ~」
「ばかっ」

と、問題解決へ。
ほっとした。八面山頂上にぽつんと一人、休憩す。
その後、頂上から約15分歩いて、ブナ林の中。
・・・・・・・・
寂しい。
お日様の木漏れ日でもある日ならもうちょっと楽しいのだろうが、人っ子一人会わない。
IMG_0407.jpg IMG_0409.jpg

IMG_0412.jpg IMG_0408.jpg

こんな場所に、一人っきり・・・。
私、大人になったんだなぁ・・・。
当日、子ども達が遊んでいる姿を想像しながら、場所を確認し、「帰ろ」と口に出して言う。
IMG_0417.jpg

帰りは、行きより景色も見えていい気持ちでした。

大久保山登山口に戻ると、まだ山田隊長は来てない様子。
たぶんもうすぐ来るやろなぁ~・・・と思いつつ、待ちきれずにもう少し登ったところにある、鬼ヶ城山登山口に向かう。
車の場所を移動させてしまって大丈夫か?と一瞬不安になるが、隊長のことだ、大久保山登山口にいなけりゃ、鬼ヶ城登山口まできっと来てくれるはず!と信じる。(勝手な奴だ・・)
今度は鬼ヶ城登山口から八面山を目指す。
大久保山登山口から登っても、途中同じ登山道に出る。
合流地点まで片道、約40分かかった、そこから頂上まで約20分くらいだと思う。
時間にして、倍だなぁ・・・
20人ほどの子どもを連れて歩くことを考える。
登山道の危険度はどちらも変わらない。誰かは滑り落ちそうだ・・・(勘弁してぇ)
天気が良ければ景色は断然大久保山。
鬼ヶ城からも谷あいを歩く道で、森林に囲まれそれはそれでいい感じなのだが、
IMG_0421.jpg

こんな感じ。
やっぱり、ちょっとでも短い距離を選ぶかな・・・
たぶんかなりヒヤヒヤしながら歩くことになるやろし、こっちの身がもたんかも。

なーんて考えながら、登山口に戻る。
ちらっと見えた、楽舎のミニバン!
隊長、来てくれたんだぁ・・・(じーーーーん)
帰り道、ちょー安心して帰ることが出来ました。
隊長、お世話になりました。
楽舎に隊長と同時に到着。3時をまわっておった。
随分歩いたなぁ・・・。

「隊長、ほんまありがとーーーっ」
「おれ、弁当持っていくが忘れちょって、昼飯食うてないがよ・・・腹減った」
「たはははは、すまんねぇ~ ほんま・・・(忘れたのがガソリンじゃなくて、ほんまに良かった・・・笑」


あさっての八面山、ガスってなければいいなぁ~
今日みたいな日だったら何人か迷子になりそう・・・(勘弁してぇ)
ま、祈ろう!


IMG_0418.jpg

この葉っぱ何?

葉っぱと言えば、昨日は、神の子さん夫婦の浜辺の植物調査。キムヒロさん、どるじ、樹木医セミナーで知り合った山崎さん、岩村さんたちと一緒に同行させてもらって、私は半日だけでしたが(他の人はたぶん1日中調査していたと思います)浜辺の植物調査体験してきました。
ハマユウ、ハマゴウ、ハマボウフウ、ハマダイコン、ハマヒルガオ、ハマナタマメ、ハマエンドウ・・・おもろいくらい、「ハマ」がつく。
他にもいろんな植物見た。
明日、写真付きで紹介しまーす♪
楽舎の校庭に、ハマユウの球根、植えてみました・・・。(内緒です)




コメント

八面山

むかし登ったよ八面山。やはり、下見で一人で。
そういえば、保健センターのイベントで八面山に登るのがあって、当時赴任したばかりの美人保健婦目当てに参加したなあ。結局、保健婦さんとは仲良くなれず、頂上で足を怪我したおじさんを負ぶって山を下った。雷が鳴って雨が降り出したので、確か3人で交代で走って降りた。その時に壊した左ひざが今でも時々痛むよ。

天バチか。。

あったねーっ、そんなこと!
メッチャうきうきしちょったでぇ(笑)
かわいい女の子を追っかけているのに、なぜかいつも気がつけばおやじ担当な君。
宿命やろ。
ま、ちゃんと見てくれよう人がおらね、おばちゃんとか・・・見よらんか・・(笑)

ブナ

霧の中のブナも素敵ですよ。一人でそんな中でガスでコーヒーでも沸かして深呼吸するとよいかも知れません。雨の日もブナ林は暖かく感じていいです。写真を見ると、ちゃんと下草が土を覆っていて、健康そうですね。丹沢だと健康なブナ林はほとんどなくなりました。乾燥化、大気汚染、人の入りすぎ、その他 モロモロの結果のようです。

小学生たくさんをつれての山登り、ご苦労様です。どうぞ気をつけて。まあ少しのケガならみっちゃんがかついで降ろしてあげられるでしょうけどね。

そうねー、小学生なら2人くらい軽く担いで・・・って、こらこら、こんなかよわいのにっ(だはっ)

霧の中のブナ林で一人コーヒーかぁ・・・
大人やなぁ、やっぱ。
寂しさが似合うお年頃になってしまったのだな、と思う今日この頃。
健康なブナ林やけん居てて気持ちいいんですねぇ~、良かった、そんな場所があって。
子どもら連れてきて遊ばせたい!と思ってしまいますもん。
片道1時間半。もうちと身近にあればなぁ~、と思うけど、身近になればなるで、問題も出てくるのかもしれんですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ