FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
63位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日誌
今日、夕方。
時間にすると、丁度私が駆けつけてた時に夕方の市内放送が流れていたので、6時頃。
救急車の音、事務所にいたのに気にとめていなかったのか、全く気がつきませんでした。
おむかいのきよしおんちゃんが
「前の川で誰か溺れたがやないか? 救急車がさっきからとまっちょうぞ。楽舎のお客さんじゃろ?」と教えてくれる。
(えーーーーっ)その時点で心臓どきどきした。
急いで走って河原に向かうと、丁度救急隊の人が傷病者を車に乗せているところでした。
毛布にくるまれ、口に呼吸器みたいなのつけてたんかで運ばれているのを見て、頭から血の気がひくくらい心臓バクバクした。

楽舎のお客様でした。
大勢のグループで来て頂いていて、夕方到着され、みんなで川遊びをしていたようです。
校舎に泊まっていただいてる方は丁度夕食の時間だったのですが、バンガローに宿泊のお客さんだったので、たぶん、夜のバーベQの魚の足しにでもしようか、と思ったのかもしれません。
前の日ほとんど徹夜で、そのうえ長旅で疲れ、水の中で激しく動いた為、川の中でめまいをおこしたようで、水をかなり飲んでしまったようだ、と一緒にいた仲間の人が話してくれました。
そんなに深い場所ではなかったのが幸で、溺れた状態でも何とか自力で岸まで上がり、そのまま倒れ込んだと言います。
意識はずっとあったようで、「大丈夫 大丈夫」と本人は言ってたようですが、仲間の人が、すぐさま消防に連絡をして、救急車が駆けつけてくれた、ということだったみたい。
宿毛市にある、県民病院に運ばれて行きました。

意識がある、と聞いて、少し安心したけど、ほんまにドキドキがしばらくとまらんかったぁ。
その後、江川崎の駐在さんが駆けつけてお客さんと話をしたり、消防さんが連絡をくれて話すたびに、またバクバクしてくる。

まだ油断は出来ませんが、とりあえず、明日の報告を待つことに。

ほんまに、怖い。
水の事故。

気を付けましょうね。
寝不足だったり、疲れている時は、川には入らないように。
ライフジャケット、着用して下さい。
楽しい旅が一瞬で取り返しのつかない、悲しい思い出になってしまわないように。本当に祈っています。
楽舎でお手伝い出来ることはほんの些細なことですが、来てくれたみんなに楽しい思い出を持って帰ってもらえるように、出来る限りの力を尽くします。

今日のバンガローのみんなも明日になれば、思い出したらかなり怖いけど、それでも話せば、笑い話になりますように!

こんなドキドキはいらないよぉ~


今日のお昼前、三豊総合病院サマーキャンプご一行様60人無事楽舎を出発されてます。
本日のお泊まりは、7組31名様。
満室です。
ありがとうございます!

なんか、今日はドキドキし過ぎて、落ち着かない・・・。
いつも危険と背中合わせの仕事をしているのだよな。この時期特に。
ちょっと間違えば大事故に。
気を付けていても何かが抜け落ちる時もあるかもしれない、それでも自分とお客さんを信じてやるっきゃねーべよーーーーっ!!自分!
コメント

安全第一

どんな人でも体調が悪かったり、油断していたりすると、水の事故は起こってしまうんですよね。
中学校の時、スポーツ万能な友達が川で溺れかけたときのことを思い出しました~(><;)
本当に恐かった!!
みっちゃんも気をつけてくださいね!!

9月に泳ぎに行く時は体調万全で行くのでよろしくお願いします!
p(^^)q

最近は期末テストやらレポートやらで寝不足です…また熱でるかも(笑)


本当に怖いですね…
みっちゃんのどきどきが伝わってくるようです。
楽舎を訪れるみなさんが、楽しく、
無事に、いい思い出を胸に帰れるよう、私も祈ってます!

水難のリズム

昨日は大潮。今日は満月。満月の前後数日は、引力の変動が大きい。
 林業では「つちの日」と重なる。この日に伐採した木は腐りやすいとされる。引力の変動は、木が水を吸う力も大きくし、水分が大きくなる。
 お盆に泳ぐなとは、迷信ではなく理にかなっていると思う。つまり、お盆の時期も大潮と重なる。
 長年川で泳いでいると、日によって自分の体が浮きやすい日と沈みやすい日があることに気づいた。これは、僅かな差なのでとてもわかりにくいのだが、毎日泳いでいるとわかる。シュノーケルに水が入り易かったり、もぐった後浮上するとき水面までのタイミングが遅れたりと。これを確かめると、満月と新月に重なることがわかった。
 川では、人間は微妙なバランスで浮かんでいる。恐ろしいことにこれはすなわち生死のバランスともなる。
 水中での自分の浮力の感覚を持っていない方はぜひ、満月と新月を目安にしてください。この日の前後数日は、余裕を持った泳ぎを楽しんでください。

 おれも川で泳ぎたいーーー。

なるほど、とても参考になるお話、ありがとうございました。
私もカヤックを始めてから、大潮、小潮などを意識して海に出るようになしましたが、浮力との関係は意識したことがなかったです。
それに、木が水を吸う力とも関わっているとは!
あらためて、自然の力の大きさを感じます。

>くえ
私も小学5年生の時、海で溺れかけたことがある。ほんまに死ぬかと思った・・・忘れられないね。
ちょっとくらい疲れていても、俺がくえを守ってやるさっ!俺から離れるなよーっ(笑)
ちゃんと、寝るように!
適当にさぼりなはれ・・・っていってもそんな器用じゃないな、くえは・・(ふふっ)
体第一やでぇ~

>みかん
ほんま、祈っといてな。
いざというときは、助けてくれ!(遠いか・・・)
会いたいのぉ~

>ぼうずはげ
実は、同じ日、後で知ったんやけど、イカダ下りをしていたお客さんも、岩間から下ってくる途中の瀬で、倒木にイカダがぶつかってしまって、怖い思いをしていたようです。
昨日はそんな日やったんやろか?と思ってたところでした。
うん、参考になった!
満月と新月か・・・、気を付けよ。(一目でわかる暦が欲しい)
しかし、一番人出の多いお盆に大潮とやらにかからんでも・・・(汗)
自分の浮力の感覚かぁ・・・まだそこまで達してないな。
「あんたは浮きやすいろ?」とはよく言われるが・・

はよ来たや~
そーいや、今年はまだ私も黒尊川で泳いでない・・・
本流は、水がぬるい・・・。

沢・・・

水の事故は怖いですね。でも、楽しいからやめられない・・。

やっと夏休み期間に入って、土曜・日曜と休めます。で、さっそく奥飛騨の沢上谷と白水谷という沢に9名でワイワイガヤガヤと行って来ました。沢水谷は、ずーっとナメの沢で、大滝みナメ滝、その上は1.5kmほどナメが続きます。最後はなんと、そのまま林道に上がれて、なんと楽なこと。夜は飛騨牛を買って来てバーベキュー。タープで寝たら涼しくて快適でした。

ところで、黒尊川って、どんな感じなのでしょうか。四万十川に流れ込む支流・・って事でいいのかな。来年、山岳会の25周年だそうで、全国あちこちにでかける計画を考えることになりそうです。「以前、四万十川でカヌーをやった。あれと沢のぼりをあわせてできないかねぇ」なんて話が飲み会で出ていたものですから、面白い沢 ないかなぁ と思っています。

水 と言えば、南洋上で台風が発生しました。8/1の夜から部活の合宿で軟弱・八丈島に行く予定なのですが、このままだと欠航で中止か???四国にももう来て欲しくないですね。


本当に、水の事故、怖いです。
7月最後の土日は、全国でたくさんの事故が相次いだみたいですね。
くまさんたち無事でなによりです!
しかし、楽しそうですねーっ♪
いーなーーっ

黒尊川は、四万十川に流れ込む支流ってことで当たってます。
支流の中でも一番水がきれいだ、とここら辺では言われてます。川の生き物の種類も森の植物にしても本流よりも多いみたいです。
黒尊川の谷は、ザイルがいるような場所は1箇所くらいで、ほとんど手と足つかってガシガシ登ってく感じでした。
水が少ないので、あっついです。
歩道と言えるほどではないけど、沢沿いに登山道がずっとついているので、何かあったときはかなり安心して登れる沢です。
林道沿いから登り初めて、約3時間で鹿のコルだったか・・熊のコルだった・・あれ?三本杭だったか・・に出ます。早忘れてしまった・・・(汗)
黒尊の谷も雰囲気とても好きですけど、滑床の沢(目黒川源流)もおもしろかったです。
途中いくつもいつくも谷が分かれているので、私はきっと迷子になります!自信ある。
毎年どこかの会社が、キャニオニングの体験イベントをしているところです。
川底の滑り台とかおもしろそうでした。(写真で見ただけだけど)

全国あちこちでの計画、楽しそう~
四万十にも来てくれるといいなぁ~


台風発生、知らなんだ・・。
ほんま、どう出てくるんか??

黒尊川の情報、ありがとうございます。なるほど、水が少ないのかな。四万十川の水って、ゆるやかでぬるいですよね。

滑床渓谷は
http://yama.front-info.net/sawa/sawa.htm
に遡行記録がありました。「日本百名谷」にはいっているのですねぇ。でも、愛媛県にはいるのかな。

高知の沢 ってのも調べてみます。「登山体系」、四国とかの巻を買ってなかったのが失敗でした。

今度、四国に行くときは、山も谷も、酒も(?)一通り楽しむようにプランを持ちたいと思っています。

そうそう、よく沢に一緒に行く中に、高知市出身の方がいます。長男に竜馬とつけたのだそうで、小さい頃はからかわれて大変だったとか。そりゃあまぁ無理も無いですね。

黒尊を検索したら、当然ながら楽舎の記録ばかりでてきました。


そうなんやー、滑床渓谷、「日本百名谷」ってのに入ってるんですねー、きれーなもんね、あの滑り台みたいな感じ。
さるがいっぱいおる!って印象の方がつい最近まで強かったですが・・。
まわりもきれいにされとります。
滑床渓谷の目黒川は女的で、黒尊渓谷の黒尊川は男的な雰囲気があると私が勝手に感じてます。
ま、いろんな女男がおるんで、一概には言えんけど・・(笑)

谷それぞれに違うもんがあるんやろうなぁ~
おもろいなぁ~

しかし、高知出身で、息子に竜馬と名付けるその勇気。えらい!
かっこえいです!

山も谷も酒も・・・欲張りですよーーっ(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ