FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
60位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日誌
「 カバっていうなーーーーーっっ!! 」(爆)


えーっと、みっちゃんです。
なんだか連休前、バタバタしとります。
タケノコ収穫、タマネギ収穫、藁の家の壁に漆喰塗ったり、イベントのお片づけしたり・・・

藁の家、完成!と言ってもいいくらいに仕上がりました。
写真撮ってないけど・・・(汗)
ケーキ屋さんになる前に、撮りに行かなくっちゃ!
かわいいっすよー♪
今度紹介しますわ。


さてさて、先週、ころばし(機関誌)の取材お隣の四万十町(旧大正町)へ行ってました。
取材の内容は、機関誌が出来てのお楽しみ♪

大正の道の駅に、こんなもの出来てました。
ドラゴンランの時には出来てたのかな~・・・??
あった??

IMG_2183.jpg


とても気になります。
IMG_2180.jpg


IMG_2184.jpg IMG_2186.jpg



この中で、妄想しながら一人でブランデーでも飲みたいものだ・・・
秘密基地やな・・・。


そういや、この前、権谷せせらぎ館に行った時、校庭の隅に、こんなものも発見!
IMG_2176.jpg


昔、小学生たちが、ツリーハウス作ってた場所だ。

小屋の入り口に、
IMG_2174.jpg


入ってみると、壁に
IMG_2173.jpg


立派で素敵な基地やねー
この中でどんな秘密の話してるんやろなぁ~

子どもも大人もやっぱり憧れるね、秘密基地!

藁の家の材料の藁の固まりがいくつか余ってて、楽舎でいただけることになりました。
ま、「欲しい!」と言ったのは、独断で私ですけど・・・(まだ、他のスタッフに言ってないけど・・・どこに置こ・・・)
楽舎のどこか一角に、藁の家秘密基地を作ろうと考えています。
(どこがいいんかな~・・・・屋上か?)


私の秘密基地にします!(くっくっく)
コメント

マイホームにすれば?

かばさんちの、マイホームってのは?
わらに、つち、で、ケーキ?

ところで、日曜日は、できましたか?

マイホーム・・木の家欲しいなーーっ
んでも、家に金使えない人生でしょう。借家で上等!!
ってか・・・かばさんっていうなーーーーーっ!!(怒)

日曜日、降りしきる雨の中、やりましたよー!
予定していたプログラムすべて滞りなく!
雨の中○×クイズに参加してくれる人も少なく・・・(涙)
それでも結構楽しい1日でありました♪

景品の小町味噌、もらったーーっ♪

微妙な変化を察知しよう

楽舎のイベント、このブログを通して感じたことがある。(今回はメチャ簡潔よ)

人は誰もひとりでは自分を作ることができない。
生まれて来た者は誰もその人自身の過去の文化を、それぞれの流儀で吸収し、それから学んで自分を作ってゆく。
時代は絶えず変わってゆく。新しく生まれて来た者が直面するシチュエーションは、従ってその時代ごと、ひと一人ごとに違い、結局そのシチュエーションに立たされた者が自分で何とかするしかないので、誰も手助けしてはくれない。
しかし、過去に人間の中の優れた人たちが伝統を受継ぎ考えだしたものは、たとえ状況が変わっても今を生きる者の教材となっているのも事実である。

ここでちょっと不安になることがある。
開発技術も進歩し、いかに効率よく、快適で便利で安全にと、進歩する道具と技術。
それによって人間本来持っている五感を含めた機能の低下が少しづつ世代ごとに表れているのではないか?
このまま低下し続けて良いものなのか?

この地で環境で学び教え生きてく上で、自然や道具、技術はもっと複雑でしんどくて不便で危険なものということも知らなければ、人間の甘い考えだけで接する恐さが生じます。

あとはいつも言ってる事と同じになるのでかきませんが、
みっちゃん。
このブログを「たかが」と言わないで下さい。
冗談も交えた楽しいブログであっても、私はいつも真剣にコメントしていたつもりでした。それを言っちゃあおしめぇよ!とは、このことやわ。

まあこのコメントは無視してとは言えないが、いつも通り楽しく、たまに熱がでそうな堅い話もして、「らしく」続けて下さい。


あれ、ちと長くなったかな?

体験

最近の子どもは魚とりなど出来ないと考えておられる方も多いと思います。
しかし、今回の観察会を見ていますと、子どもを魚と出会える場所に連れて行けば自然に魚を捕るということを強く感じました。
魚が捕れる場所が少なくなっていることや、捕れる場所を知らない、もしくはそのような場所に子どもを連れて行かない大人に子どもの川離れの原因があるように思われます。
私たちNPOもできるだけ子どもが自然とふれあう機会を提供しますが、できれば親子でこのような場所に行っていただきたいという思いがあります。
自然体験が専門のスタッフであっても、一度に大人数を連れて行く観察会では安全面の配慮等から自然を深く見つめるための行動がとれません。
本当の自然や生命の大切さを体験するのであれば、やはり親子の絆ぐらいの信頼関係がないと不可能なのです。
観察会がきっかけになって、親子で、家族で自然遊びをする姿が増えてゆけばうれしい限りです。

上記は、松山市の環境学習会の報告にまとめとして出した文章です。

人間の、生物としての、感覚や勘はとても大切なものです。野生というのでしょうか。
狩猟が外敵による襲撃を経験することがない現在、このようなセンスは失われていくのでしょうか。

こういった感覚を身につけるためには、「野外において自分に起こることはすべて自分で責任をとるしかない」という覚悟が必要です。
つまり、命をかけてこその代償として得られるのです。
そして、この体験は年少期において比較的安全にかつ簡単に得ることができます。それはなぜか。

子供にとって致命的なアクシデントであっても大人であれば何とかできる場合が多いからです。
ということは、適切な対処さえできるならば大人のコントロールの下で子供に極限に近い体験をさせることが可能ということがいえます。

しかしながら、こういった体験をさせることができるのは親だけだと思う。すべての責任を負うことができるものでないとできない。
その子供が大きくなったら、自分の責任で感覚を磨く。そして子供に伝える。

ぼくも、父親から幼少の頃少しずつ生きるための訓練を受けました。そして小学5年で山中の渓谷に一人置いていかれましたが、自分で何とか麓まで帰りました。
それからは、自分だけでいろいろな山に渓谷にいったものです。(好きやったんやろうねー)

自然体験は所詮、野生感覚を磨くためのほんの入り口です。けれども、入り口すら見つけにくい現代においては大切なものだと感じます。

ノ木リ木さんに近い熱い文章でしたーー。

お、お二人さん・・あ、・・ありがとう(汗)
ながっ!
あつっ!

2,3行読むごとに電話がなります。
その度に最初から読み直し・・・・。
この時期、よーかかってきますのよ、電話。
ありがたいことです。
一度読んだくらいじゃ意味不明やって、3回ほどメッチャ集中して読みましたよ、えぇ。

みなさん、いろいろ考えたり、語ったりしてくれるきっかけにこの場所がなっていてくれてうれしいです。
ありがとねー!!

あたしゃそんだけかよっ(すまんすまん)

親子の絆

ぼう・・・さん、熱き言葉ありがとう。
って、なんで私が礼するのか?

親子で体験は形だけのものはあるにはあるけど、絆までも体験できるものは確かにないですね。
子供は親が護る。
親として当然ですね。
大変良い話が聞けて勉強になりました。

みっちゃん。
酔うてこんな話しても、最近はいつの間にかすぐ寝てしまう貴方やから、ここでの話は頭の片隅にでもよいから修めておいてね。
それをどう実現するかしないかは貴方の自由です。

たはは、確かに最近寝付きの早いおいらです。
ますます早くなる一方やと思うけん、大事な話はお早めに!
・・・どっちにしても寝たら忘れるか?(汗)

俺は自由だーーーーーーっ!!

火打石のおかげか、奇跡的に財布の中からお金が消えませんでした。
さすがにこの時期いそがしく買いにはいけません、よかったら送って下さい。
歌手のときは、みっちゃんでなく、河馬でしたよね確か。
あっ、1枚だけですよ、支払い方法もお忘れなく。
それから、連休中はうちの売店でBGMに使おうかと思ってますが、「俺は自由だーーーーっ」とかそんな歌じゃないですよね。

よかった、奇跡が起きて!
さすがにこの時期買いに来てぇ~っとは言えぬわな~(笑)
ほんまに?買ってくれるが?そのうえBGMで流してくれるが??
やったーーーっ♪
送ります!!
支払いは、今後楽舎のイベントに3回以上参加して下さい。かなり高く付きます♪
かなりしっとり系の曲が多いですよ。
店内がお昼寝モードになったらごめん。

えっ、イベント3回以上すか、あまり働かずに食えるやつに参加します。
店内、お昼寝モードですか。大丈夫、催眠商法で・・・。
それより、お金が余って困ってます、学舎の会員になりますので案内ください。

い、い、い、い、いーんですか??
って、聞いたらいかんね。
はいっ!ありがとうございますっっ!!
メッチャうれしいです♪
四万十青のり、いっぱい買うけんっ
昨日CD送れなかったので、今から準備します。
CD売店に置いてくれますか?
って、ここで言うのも何ですな。。ごめんさい(汗)

連休始まったねーーっ
うーっ、四十肩になっちまいました、こんな体で乗り切れるやろか・・・?

お互いがんばりまひょ。
ほんまにありがとねーーーーっ!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ