FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
35位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日誌
四万十ドラゴンランの1週間、みんなが人力で196キロを駆け抜けている間、私は愛車を乗り回し、600キロ以上走りました。(車で)
すっげーぞっ、みんなの3倍走っとるどーーーっ イェイっ(と、地味に喜んどったのだ)

なんてたって私の事です、ぬかりだらけでした。
余計な動きが多すぎた・・・(汗)

そんなことで、実はドラゴンランの活動の様子を詳しく皆さんにお伝えすることが出来ない、ということに今日気がつきました、えぇ。
だって私、ほとんど車ぶっとばしてただけなんでぇ~・・ごめんなさい。

気になる方は、活動写真集見てね♪
すんごいいっぱいあるけどね。

今回私が学んだこと、いっぱいあります。
私の立場だから学べたこともいっぱい。

このドラゴンランに関わってくれた一人一人、みんなが主人公でした。
参加者、スタッフはもちろん、料理を作ってくれた地元のおかぁさんたち。
初日のせいらんの里のおかぁさんたちは、私たちを迎える為に、注射うったり、背中にシップ貼ってくれたりしながら朝もはよから、夜も遅くまで、おもてなししてくれたのだ(うぅ・・ありがとう・・・注射って・・・ありがとう!)
夕飯の時間が遅くなると、料理が冷めるからと心配してくれ、いろいろ気遣いいただきました。きっとどこの場所でも同じ気持ちで料理を出してくれていたと思います。

講座の講師してくれたおんちゃん。
何日も前から、どんな話をしたらえーんか?と悩み、考えてくれました。話の前後にこんな活動してます。と伝えると、「そしたらこの話したらわかりやすいかもしれんねぇ」「この場所で話したらえいかもねぇ」と少しでもいい時間にしたい、という気持ちがありがたかった。

地元料理をふるまってくれたり、自転車の先導してくれたり、地球鍋手伝ってくれたり、おいしいパンを焼いてくれたり、友人が応援に駆けつけてくれたり、源流から河口まで、いろんな人が影となり、みんなを応援してくれていました。その力はおっきかった!


ドラゴンランを終えて、久しぶりに娘に会った時、気づきました。
家族の支えがあったから、私はこの仕事が出来たんやもんなぁ・・・と。
そして、私だけじゃなく、今回一緒に旅をした皆さんそれぞれ、家族や、職場や、皆さんを応援してくれる方たちのおかげで、この1週間という貴重な時間を過ごすことが出来たんやろな・・と。
一人一人を支える多くの人たちの思いが重なり合って、一緒にゴール出来たんやな・・とね。

そんな大切な時間を一緒に過ごすことが出来てうれしかった。
そして、またやるぞっ!という意欲をいただけて、本当に感謝です。
また、みんなに会える日をすんごく楽しみにしてます♪

ほんと、また会おう!!
IMG_1962.jpg






1週間以上にも及ぶ孫の守にいささか疲れたばーさんに言われましたけど・・・
「まさか、来年もあるがやないろうね?」と・・・・
「あるよ、やるよっ」とあっさり答えておきましたけど(笑)


コメント

感謝やね

おばちゃん、うちに来て
「もう私いろいろ苦労多くて死にかけちょるがよ。私が死んだらみちをよろしく」言うて行ったで。
お互いはよう一旗あげて親に楽を…。えーん。

10日ぶりに母に会えたうれしさで娘っ子たちビチビチ跳ねてましたね。ご褒美にどこかに一泊で連れてくと言われて迷わず「テント」と言った彼女たち。さすがです。

ドラゴンラン終了の翌日、「今日とまろっとでキャンプやけん。来ん?」と言われ、思わず「…行こうか」と言ってしまった時は我ながら笑いました。

うちの、よってみて。

tetuさんがみっちゃんの事かいてます。ドラゴンのことも。
どるじちゃん、ビール、てんぷら、美味しかったですね。隊長がほとんど、食べてたけどね。胃は、もたれんかったろうか?「うまい!」「うまい!」しか、しゃべってなかったし。

>どるじ
うちのおばちゃんは、長生きすると思うけどねぇ・・・(笑)
私もどるじも120歳まで一緒に生きるけん大丈夫、心配するな!と言うと、ため息をついておりましたよ。

ほんまなんでまたとまとっろ?ってな話やね(笑)
今度は山の中でキャンプがしたいそうだ。
ウエル花夢だな・・・(ははっ)
来年は牛肉自分で買えれるようにがんばろっ!(泣)

>虎さん
やっぱりTetsuさんやったねーーっ!!(笑)
なんかぐっと近づけてうれしいねぇ。
これからもよろしくお願いします!!

隊長は、タケノコのアクでますますハイテンションになったのでしょう。
今月あと4回タケノコ掘りの予定。
タケノコっていつまでとれるが??

名通りワシャ千まで生きる

120歳なんて細かいこと言わんと、わたしゃ今のままじゃ1000歳になっても死んでも死にきれんぞ。あまいあまい。

先日は、このくそ寒いのに泳ぐかと飽きれて見ていたら、案の定腰まで浸かったら何事も無かったように、「なっちーライターは」のコール。
風が少しあったのと、このまま焚火に突入すれば河原で小一時間じ済まなくなる、せんばでの酒盛りにも遅れてしまうと、丁重に断ったのだがさぞかし寒かったのでろう。
しかし、焚火で暖をとろうと発想するなんざ、こいつら手強く育っておるなぁ、と感心したものです。

あぁそうだ。
マイちゃんが着替えた時にシャツを着るのを忘れて、せんばに置き去りにされていると思います。
数あるシャツならともかく、大事な一着だと思われるので一応声かけときます。

こらこら、仙人みたいななっちーと一緒にせんでくれ。あたいらは生身の人間なので、120歳まで生きたら上等です!
死んだら死にきりましょう。

しかし、この時期泳ぐかっ!
それも、水着で・・・変な子らやの~(笑)
寒いってことを肌身でわかってよござんした。
そろそろ火起こしを伝授する時か?・・・
しかし、背中にヒキリ棒とヒキリ板を背負った小学生ってのも・・・ま、うちの子はそこまで道を究める奴ではないな、親に似て・・(がははっ)

シャツなら数えきれんほどあるわいっ
ぜーんぶお譲りですけど♪

よーし

俺の死んでいる部ログに、ドラゴンランのすべてを書き込んでやるー!とおもったが、いつも続かん件ねーどうなるやら。

そーいやあったね
このページによく似たぼうずのブログ。
まだ探せるやろか・・・探してみよっ
そこで、ドラゴンのすべてを赤裸々に白状しなさい!

お疲れさん!!

みっちゃんレポートと、写真から、DRがホンットまれに見る貴重な冒険だったことがよーく分かりました!!
写真で見る限りだけど、最年少の少年はたぶん知り合いみたい・・ン??

来年あるなら、絶対まことを参加させたいな!
わたし? 
わたしはもちろん、車で伴走するほう(笑)

目に浮かぶ~

まじで千年生きてそうです、ノ木リ木さん。しまいには木質化して森にいそうです…。

木葬にしてもらうか

どるちゃん久し振りコメ。

私少し自粛してる最中なので、代りにコメントしてあげてね。悪友やろ。

木質化すれば千年はおろか何億年も生きそうな気分やな。木葬ってできんやろか?う~んそれもいずれ土か石炭になるだけか。
例のサルノコシカケのように、酒葬にしてもらおうかな。

ありゃいかん。
また別ネタに走ってる。
自粛、自粛っと。

この日誌もあんまり見ない方がいいのかな。

なぜ自粛?
明るく応援コメントしてあげて~。
私は人の代わりはできませーん
^^
日誌も見てちょうだいね!

>はるママさん
わたルンルンと知り合いなのー?
あり得るかもね♪
すっごい!!
今度ルンルンに会うときが会ったら、聞いてみてねDRの感想!びっくりするやろな~(笑)
まことも、ママも参加者やでー!
たぶん、ママが一番はまると思うでぇ~っ、考えただけで、すっごい楽しみになってきたぞ♪
まこと、中学3までのがまんだぞ!(ほんまは高校1からやったけど、ルンルンのおかげで門が広くなりましたとさ)
ルンルン元気でやっとるかな~・・・。


>ノ木リ木さん
酒葬やろ、やっぱり!
虎と一緒に鍋に頼んどき(笑)

ま、何やら考えもあっての自粛かもしれぬが(病やけんねぇ)、あまり無理せんように、自由にやって下され。
いつでも待っておりますわい。

>どるじ
私もあなたの変わりは出来ませーん!(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ