FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
22位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:行事報告
昨日、私はまた衝撃的な出会いをしました。
いやーーーーっ、ほんま素敵な人、あたしゃうっとりしっぱなしでした。

昨日は、毎年行っている、文化活動ワークショップの日。
昨年は、長野県から来て頂いた、玉井さんによる竹笛コンサートとワークショップでした。

そして、今年は。
場所は昨年もお世話になった中村高等学校西土佐分校体育館。
参加者は、分校生徒(3年生はすでに春休み)とお隣にある津野川小学校(娘も通ってます)、そして地域の方々、およそ100人ほど。

IMG_2863.jpg


今回来て頂いたのは、アコーディオン奏者ミヤックさんと、テノール歌手の大川さん。

クラシックとアコーディオン、粋な共演です。
IMG_2874.jpg


今回の企画は、テノール歌手大川さんと楽舎の大高先生がお友だち、という縁から実現しました。
大川さん、大高先生によく似ていました。
ほんま、そっくり。
顔っていうより、話し方、話の内容、感じ方、考え方(想い)みたいなもの。
(顔は、西土佐でしし鍋つくってる料理人に似ています)
いやー、友だちやねって感じでした。おもしろかった。
最近耳にする「千の風になって」という曲で、テノールって言葉はよく聞きますね。
おかげでクラシック音楽をあまり聞き慣れていない私たちにも割と馴染みやすかったかもしれません。
イタリア、ドイツ、フランス、イギリス、ロシア、アメリカ、アルゼンチン、メキシコ、日本、などなど、その国の暮らしや町並みを思わせる(っていっても、ずべてその国の言葉で歌うので意味はさっぱりでしたけど・・)労働歌であったり、民謡であったり、愛のうたであったり、とても迫力のある演奏、歌声でした。
IMG_2856.jpg



そして、なんといっても、この人。
IMG_2882.jpg


どうしよう。
好きだ。

アコーディオンのソロ、3曲してくれたのですが、
なんて言えばいいのか・・・
トリコになってしまうのです。彼女の持つ魅力とアコーディオンの音色にどっぷりと。
ドキドキしました。
胸がきゅーってなった。

楽舎に家族でよく遊びに来てくれる大好きな友だちに雰囲気がよく似てるからか(その友だちもフラダンスしてるし、何となく情熱的なところも似てる)、勝手にメッチャ親しい人のように感じてしまって、ハグまでしちゃいました。(やった♪)

本当に素敵な方です。
かっこいい!
そして、とてもチャーミング♪
また会いたい。

「6年後、私が店を開いたら、絶対ライブして下さい!」とお願いしました。
そのうえ図々しく、「次は私にも歌わせて下さい!」とまで・・・。(こらこら)

近場でミヤックさんのライブがある方、是非行ってみて下さい。
四万十楽舎でミヤックさんのCD販売してます。
『Miyack PARQUE(パルケ)~公園~』¥1,500です。
アコーディオン好きな方、是非!

今日の午前中、すさまじい風の中、ミヤックさん、大川さん共に気合いでカヌー。
「いやいや、無理ですって、ひっくり返りますって、やめといた方がいいって」っていいながらカヌーを押し出す私。
ほんの30分でしたが、強風体験出来ました。
いつか穏やかな日にまた一緒にやりましょうね、ミヤックさん♪

コメント

音楽関係は・・・

コメントできない・・・。
千の風~は感動するけど・・・。


苦し紛れで話題を変えてっと、
この分じゃ世の女性の八割くらいは、みっちゃんに惚れられるタイプになりそうだ。

女性は不幸かもしれないが、もしやこれは世の男性にとっては幸運な事と言っても過言ではなかろう!?

ん?
どーいう意味じゃ??
・・・・・・
こらーーーーーーっ!!

ってまぁ、昔から素敵な女性にすぐ惚れてしまうんはほんまやねぇ・・。
いや、男だってえい男にゃ惚れるぞいっ!
おらんだけぇ~

千の風になって、知ってるんや~っ(笑)

その言葉っ!

つまり、えい男が周りにおらんと言うことだよね。

私も苦し紛れに触れたのが不味かったが、みっちゃんも墓穴を掘ってしまったようだ。
これでみっちゃんの周りの男を全て敵に回してしまいましたな。ムハハハ。
私だったら、えい女はおるけど、惚れる女はいない、と言うだろうな。
ん!あんまりマシになってねーか?
惚れるっていう言葉って、愛情表現が難しいなぁ。

いかん。こんなこと私が話すガラじゃない。

『千の風になって』は知ってるどころか、作者不明と言われているメアリーという作者と英語の原文まで知っているのだ。
その作者は今90歳位で、作者不詳ということで全世界に拡がったが、著作権は一銭も貰ってないこと、語られることで命と再生の癒しや希望となればそれでいい(うまく言えない)という風なことまでご存じでござるのだ~。

そうなんやー
作者不詳ってのは知ってましたが、作者いるんや。かっこえい。
私は2年前にこの曲知った。
いつか歌おうって思ってたら、先に紅白でやられちゃいました・・・。

がはははーっ
周りの男が全て敵なんて、望むところだっ!
私のえい男の理想は難しいのだ。
えい人ではなく、えい男!
やさいい男は、えい人であっても、えい男ではないのだ。
はっはっは、わかるまい!
随分前の酒の席のようになってきたね(笑)

アコーティオン

そう言えば、楽舎・音楽室のアコは壊れて
ませんでしたっけ。以前、気になってました。
アコでみんなで歌う、なんてなかなかないで
すけどね。

そう言えば、アコは高いし、修理も高いらし
いと聞いたような覚えも・・・

楽舎音楽室のアコは、確かにかなりのご老体ですねぇ。
布の部分が破れて穴もあいてますが、音は出ます。十分演奏は出来るんじゃないかな?
演奏出来る人がいないですけど。
あんなに上手(ミヤックさんみたいに)に弾けたら楽しいだろうな~と思います。
アコーディオンには、4つのハーモニカが入っていると思って下さいって言ってました。
高音のハーモニカ。中くらいの音のハーモニカ。低音のハーモニカ、そして、音痴なハーモニカだそうです。(それに、左手で押すブンチャッブンチャッの和音が出るボタンみたいなのが、いっぱいついてますね)
この、音痴なハーモニカがとても重要で、この音痴な音が一緒に出ることで、アコ独特のちょっとせつないような、情緒的な音がかもし出されるらしいです。
ミヤックさんが言ってました
「だから、自分は音痴だと思って歌うのをやめないで。きっとあなたの歌が役にたつから」と。
アコでみんなで歌う。いいな~♪
修理・・・高いんだ・・・。

男女とわず、大募集です!音楽室のアコ弾いてみました。蛇腹の布は破けてましたが、音は出る!森の熊さん弾いたら、新玉さんとMr.テノールもそこらへんにあった楽器でセッションが始まりました。美味しい空気をいっぱい吸って、今日のリハはバッチリでした。3/14のオペラ公演のご成功を祈ります!!!!ミヤック

うひゃーっ♪
ミヤックさん!!
ありがとうございます!
いやいや、お恥ずかしい・・・(たははっ)
またミヤックさんの音楽聞ける日。本当に楽しみにしてます!
いろんなことしたいですね~
川の上で演奏とか(笑)
頑張ってくださいね!いっぱい応援します。
CD何枚か売れそうですよーっ♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ