FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
680位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
59位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:行事報告
おとといの日曜日、「竹林整備作業」無事終了しています。
当日作業員9人。
当日作業員のうち6人が、前の日の夜真理ちゃんに集まった方たちでしたので、それはそれは元気いっぱいでした。
6人のうち、4人は朝の4時まで真理ちゃんにひっついてましたし。(私も含まれる)

そのおかげか、なんとみんなよく働きました。
指導してくれたきよしおんちゃんが、普段は滅多に褒めることのないきよしおんちゃんが、
「おまんら、今日はほんまによー働いたにゃぁ~」とめずらしく褒めてくれたほどです。

もう何年も手入れをしていなかった竹林。
IMG_2268.jpg

竹は密集し、地面には倒れた竹がわんさかあり、暗い。
途方にくれる私たち。
・・・・どうすんだ?どうなるんだ?

まずきよしおんちゃんの手入れの行き届いた竹林を見に行く。
「すっごいきれー」
「気持ちえー」
「全然違うね~」
と、みんな喜ぶ。

「おまんらでここ以上に手入れせんといかんがぞっ」ときよしおんちゃんに渇を入れられる。
そして、ますます途方にくれる・・・。
しかし、やるっきゃない!

竹の間伐は、チェンソーを持つきよしおんちゃんと、たけおおんちゃんにまかせ、私たちはひたすら竹を運ぶ。
倒れた竹も、間伐した竹も、すべてイノシシやシカが入れなくするための柵にする。
生えている竹を柱代わりにして、最低肩の高さまで積み上げる。
ひたすら、ひたすら・・・、借りた竹林をぐるりと竹の柵で囲んでいく・・・。

午前中約2時間。
午後からも約2時間。
休憩を挟みながら、とにかく黙々とやりました。
私は、真理ちゃんのことを考えたり、無心になったり、真理ちゃんのこと考えたり、無心になったりしながら・・・。

きよしおんちゃんが、疲れもあってか、かなりハイテンションになってきたところで、終了!
「いくぞぉ~っ、おりゃぁーーーーっ」って間伐した竹の元のところを持ち上げて走って倒してました。
すごい。
でも、走れるほど林がすいてきたってことやん♪なのです。
まだまだ切りたい竹はあるとは言ってましたが、柵もきれいに出来上がり、地面も見違えるほど!

見てー♪
IMG_2307.jpg


すごいろ?
1枚目の写真と同じ竹林っすよ!
なんと気持ちのよいこと!
明るい!
そして、心地よい疲労感。・・・いや、相当ヘトヘトでしたが。
昨日に続き、充実した1日になったのは言うまでもなく、ちょっと疲れてはいてもみんなの表情もいい感じです。

終了後、ふと気づけば・・・
ぐるりと竹を積み上げて柵をつくったので、出口がありませんでした。
「こりゃイノシシもなかなか入れんやろー」と自分たちで積み上げた竹によじ登って柵を越えて出ました。
よじ登りながら、崩している人もいましたが・・・。

今年の竹の子はあまり多くは見込めないらしいですが(時期的にちょっと整備が遅すぎたみたい)、来年はこんだけしたら結構採れるぞー、だって。
でも、今年の春もやりますよー、「竹の子堀って竹の子いっぱい食うぞツアー」(仮称)

またその時が来たらお知らせしますので、是非みなさんも一緒に気持ちいい竹林へいこうね♪

整備作業一緒にやっていただいた皆々様、本当にお疲れさまでした。
お体、大丈夫ですか??
ほんまありがとう!

コメント

うちのもやって!

私も、やりましょうかな?
みっちゃんと、ノ木リ木さんは、勉強したので、ばっちりでしょう。お願いします。
やっぱり、来年にしようかな?

こらこら、イノシシの後に掘るのもいいもんだ、って言ってなかったっけ?(笑)
そうそう、今年はもう遅いらしいよ。
来年きっとノ木リ木さんと、どるじさんが手伝ってくれるでしょう♪

違うって

いのししの後を掘るのは、まだ、土からでてないやつを、掘るときです。ビールのコマーシャルで、和久井ちゃんが、焼いて食べてたくらい、ちいさいやつです。自分たちも、アナウンサーに食べてもらったけど、おいしいと、いってなかった。地元の人は、のびきったやつを、煮いてたべるがが、一番おいしいです。春は、毎日筍でいいですね。鍋がおかしいので、土の中のやつをほったのです。鍋?一徹のこと。

四万十竹林レンジャー隊?

あれぇ?みっちゃんが隊長になって、四万十の荒れた竹藪の地主を廻り巡りながらボランティア活動せないかん!って中年の主張してなかったっけ?
いやぁ、マジであの後私、時間に金に心に体力に、ゆ・と・り、があれば、そうしたいと思ったのが、竹林整備の感想です。(虎の竹藪は別として)

久々に正面な身体を使ったので、筋肉が柔軟になったように心地良い筋肉痛(まるで青春時代の部活後のよう)でした。
まっ、その為か家で夜やってたデスクワークが溜まっており、丸二日座りっ放しで、元のナマ怠い筋肉に戻ったのですが…。

筍は土から2、3cm顔出したものが、今から成長するぞ~という自力養分と、お天道様のミネラルを吸収し始めた時で、筍ちゃんも精神的に満ちている時期なので、それを外側の皮を数枚剥いて、炭火の中に放り込んで食べるのが私は一番美味しいです。
どう?いかにもウンチクで旨そうに聞こえるろう!

ほんとうに

面白かった。竹重かったけど。
疲れ果て、家着いてから泥のように眠ったけど。
こんな仕事が大好きです。
それに竹やぶにはいいものがいっぱい落ちている。宝の山に見えました。
みんなには「何が落ちちょるって言うが?」と笑われたけどね。
柵もすべてそこにある竹だけで作った。ここにあるものだけで作る。こういうのが大好きです。
ああ幸せだ。おかしくなりそう。
もうなってますが。

短時間であんなにきれいに明るくなるとは。
あれほど成果が分かりやすくあらわれるとやりがいも感じやすいってものです。
あとは筍が生えてくれるかどうか。

管理人さんが一生懸命力仕事している姿という世にも珍しいものも見られて得した気分でした。
ほんとにどーしちゃったんでしょうかね。

サシミが食いたい!

若き日に読んだ某グルメ漫画に、筍のサシミ、とゆうのがありました。
なんでも、掘り出したその場で捌いて、生で食うとムッチャうまいとかゆう話でした。

真理ちゃんも魅力的だが、筍サシミちゃんも魅力的!この二大巨頭にめぐりあえる日は来るのだろうか。

さしみ~?

3こんさん、あなたは、猪ですか?
えぐくておいしくない。(私は)土の中のは、えぐくないけど・・・。おいしくない。(私は)
うちの、鍋は、ゆがいて、そのまま、薄くして、酢味噌をそえてだします。

>虎さん
そんなコマーシャルあったっけ?
和久井ちゃんってえみちゃん?
大好きやー♪

整備した竹林は山の竹の子と違って、地面の土がとーってもやわらかい為、土から頭を出した段階で、すでにかなりでっかくなってるものらしいよ。
きよしおんちゃんたちは、足の裏で地面のわずかな盛り上がりに気づいて土を結構深く掘って竹の子をとるそうです。
鼻は利かずとも、足の裏が敏感だとうまい竹の子がとれるんやねぇ~
素人にゃなかなか出来んやろけど・・・

ゆがいて薄くスライスして酢みそかけて食べる奴、だいすきーー!!

>知ったかブリッコチャンチャンコさん
「ブリッコ」って言葉も聞かなくなったねぇ・・・。
誰が中年じゃっ!
あぁ、どるちゃんか・・・いや、あの人はまだ子どもですけど?(笑)
しかしほんま「四万十竹林レンジャー隊」必要かもしれんねー。
隊長は、ノ木リ木さんでお願いします。
いつも青春時代を思い出せて一石二鳥です!!
あそこの竹の子はやわらかいらしいよ~♪

>どるじさん
ほんまあなたが
「宝がいっぱい落ちちょう~」って言った時は、
(この人は・・・)と思いましたね(笑)
ほんまに気持ちよかったねぇ。
どるちゃんのことやけん、近かったら毎日行っちょうやろねぇ、宝を拾いがてら。

しかし、管理人は何かにとりつかれちょったとしか思えませんな。

>3こんさん
私も筍の刺身食べたことなーい!
食べてみたいねぇ。
いつか食べられるやろ♪
でも、3こんさんは、真理ちゃんとはめぐりあえんで~、ざんねーん!

私の記憶が正しければ

筍さしみ、掘り出して、間髪入れずに捌いて食えばエグミちゃんは出てこない。
ですから、持って帰ってきてからでは遅いのです!竹林へはエモノ、調味料、酒持参でいきましょう。とゆう内容でした。

虎さん、人類の未来の為に人柱になって試してみてください。

やってみようかな、春のイベントの時・・・・
でもおっきくなりすぎたらいかんのやろ?

酔いが

醒めてなかっただけです。

でもいつもは朝酔ってる時はいつも以上に何にも出来てないで??

管理人さん

あの日は焼酎だけで二日酔いじゃないって、どるちゃんと話してたんじゃなかったっけ?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ