FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
680位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
59位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日誌
今日は午前中、中村へ。
体験型観光受入研究会主催のインストラクター研修に参加してました。
講師は、NPO活動法人 ほんまもん体験倶楽部の刀根浩志(とねひろし)さん。
観光カリスマ、と呼ばれる方にお会いしたくて行ってきました。

昨日の今日だったので、かなり不安。
10分前に会場に到着し、始まるまでの間、必死で寝ようとしました。
(今寝とけば目が覚める!)と思って・・・(汗)

どーしてかな~・・・・??
昨日ほどひどくはなかったですけど、やっぱり手元のメモ帳はミミズ文字?だらけなんすよねぇ~・・・。
なんか変な病気やろか??


ま、でも必死でつぶらな目を半分開けながら聞かせてもたったお話。
いやー、すごい方でした。
ほんまにカリスマと呼ばれるだけのことはあります。
人をいい方へ巻き込んでいけるパワーを感じます。それってすごい!

農家の方や、山仕事の方、炭焼き、園芸、様々な分野で生活を営んでいる方に「ほんまもん体験」の目的や理念を説き続けてます。
1万人をかるーく超える方たちとスネを合わせて話をしてこられたそうです。
「変わらなくてもいい」(まだいける)と思っている人たちに「変われる勇気」を奮い起こしてもらうために、自分が勇気を出して。
今はどんなに嫌われてもいいから、ほんまもん探しのネットワークをつくって行こう!今変わろう!と。
なかなか誰でもが出来ることじゃないですね。ほんまにすごい。

「ほんまもん体験」とは、その地域の人々の生き様を体験してもらうことだそうです。
その地域の輝きを知るには、仕事の手伝いをするのが一番わかりやすいんやって。
「ほんまもん体験」の目的は、体験させるとこでも、観光の振興でもなくて、地域の活性化、地域力の向上を図ることだ、と言ってました。
地域に自信と誇りを取り戻したいので、観光 を手段として取り入れてるだけだって。
「観光力の強化こそが、地方再生の道である!」

「媚びを売る」観光から「誇りを売る」観光へ。
どこにでもある米やしぃとか、誰でもやってることやしぃとかじゃなく、あなたのやってきた生き様そのものを伝えればいい。

・・・・・・最初の10分くらいでこんだけのメッセージがあったんです。
2時間分の報告してたら夜になっちまいます。(いくらうつろとはいえ・・・)
ま、皆さんもどこかで機会があったら是非聞いて見て下さい。


伝えたい願いを持つ名人、達人が、和歌山県にはたーっくさんいるんだな~、・・・その人たちをその気にさせた人が、目の前にいるんやな~と思いました。

その気にさせられたことはあっても、誰かをその気にさせたことなんかないっすよ、あたしゃ・・・・・・・。
ま、いっか。
おだてられたらすぐのせられる人間も必要です!ね。
コメント

ほんまもん

ヒトが変わるとゆうんはかなり難しいですね。
いざ、変わろう!と決心しても、他人(親しい人であったとしても)の目が怖くてなかなか行動に移せなく、またいつもの壁を前にして立ち竦む。

その壁を乗り越えるにはかなりの時間と労力が必要かと…

しかし、それでもその恐怖の対象であるはずの他人との出会いで呆気なく変われたりもするもんなんですよね。

四万十を訪れてから僕も何か変われたような気がします。いや、明らかに変わったと言われもします。
「ほんまもん」にはまだまだですが。

本当に四万十で出会った人達には感謝感激雨アラレです。


こんだけ持ち上げたら今度行ったとき、なんか出るやろう。ふっふっふ






変わろうという気持ち

「どうでもいいや」を「なんとかしよう」に変えるだけのこと、なんだと思うでぇ。

みっちゃん、
充分人を巻き込んでますぜ。
ここでのコメントを書かずに居られなくなってしまった私達が何よりの証拠ですわい。

講演?

成功した話は、誰も一緒のことばかりやけん、ねむとうなると思います。誰か、失敗した話ばっかりして、まだ、せいこうしてないひとの話が聞きたいです。あっ、毎日、聞いてました。
3こんさん・・・・・・・・

和歌山県

ほんまもん体験倶楽部が和歌山にあるんですね?

携帯では巧くリンクでかなかった、いきなり和歌山の人の熱意が出て来たので、誰?
って思いました。


あらゆる県人の事なら何でも知ってる人(正確には本だが)居るで。和歌山県人はこうだ!ってズバリ言うらよの人(本)が。

多分ここでは余程ホローしとかないと公表できないでしょう。
※真相は虎ブログより

和歌山人とは!

梅干とみかんが好物で、敬語が無く、「ざじずぜぞ」が発音出来ません。

と、紀州はみなべ出身の叔母が以前申しておりました。

虎おじい様、私の話、いつも眠かったんやね~。すまんの~。

いつもありがとねー♪
3○○トリオさまっ☆
「どうでもいいや」を変えるのは簡単かもやけど、信念を持って昔からずーーーっとやってきている人たちに新しいことを進めて変わってもらうのは、かなーり難しいわい。
3こんさんの言うとおり、恐怖の対象である他人とのふれあいで呆気なく変われちゃうっての、本当やと思ったことです。
虎さん、いつも酔ってて、ちゃんと起きちょう姿を見たことがないかもしれんな~そーいや(笑)

いやいや、私が人様を巻き込むなんてとんでもないっ!巻き込まれてなんぼのもんの人生目指してますぜっ
でも、我が道を行く性格は変わらんのやろな~・・・(汗)

現状をどう診るか?

昔から信念よを持ってやった結果が現状です。
現状でも満足していればそれでも良いけど、よく、若いもんは出て行くとか、昔は良かったとか、自分もそうだが言う人がいるが、そういう現状をつくったのはその人自身なんだよね。社会が政治がそうなったから、って言うのは自分の逃げ道に過ぎない。

現状を生きるということは、未来に子孫に何を遺さなければならないのか、ということを見極めて今を生きて行かなきゃ、ずっと、「昔は・・・」の話を繰り返すことだろうな。
さあ、皆様はこれでも「どうでもいいや」で生きて行けるのか?

うっ・・・・・(汗)

そ、そんな

口止まらなくても、(汗)

昔の人が信念を持ってやってきた事の中には今だから、また未来の為にこそ活かせるものは沢山ある。
変えるんでなくて、それを現代に通用するように導く役目をすればいい。

ハハッ、余計難しいくなった?
でも、楽舎はそんな感じな事はやってると思うけど。

こんなこと偉そうに言ってる自分も気持ちは持ってるつもりだけで、まだ実現までには程遠い。
ただ気持ちを持ち続けけて居たら、賛同仲間も拡がり実現できる道は自ずと開けてくると思います。
焦らず、地味~に行きましょう!

ぷはぁ~っ
やっと息出来た・・・(笑)

ほんま余計難しくなったがな!
んでも、なんとなくわかります。ええ、ええ。
焦らず、地味ぃ~に参りましょう。
ぼちぼちやな~(笑)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ