FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
60位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:その他
昨日今日と、第3回高知県山の1日先生養成講座開講。
昨日、1日目は、「山で生きる・森をつなぐ」~林家(りんか)ってなに?~

講師は、林業イラストレーター(勝手に命名)の長野亮之介さん
山田隊長と同じ年の昔っからのお友だちで、2年前には太鼓グループ田無卑弥鼓(たなしひみこ)のメンバーの一員として来四万十、太鼓ワークショップをしてもらった。
2年ぶりの再会。相変わらず、ダンディーっ!長髪になっててびっくりした。似合ってます。
山田隊長は長髪にしてはいけないと思うけど・・・・(ちょっと見てみたいかも?笑)
・・・えーっと、何だっけ?
あ、そうそう。
長野さん、林業新知識という雑誌の表紙を毎回飾っています。
毎回、長野さんが取材する山で生きる方たちの絵と文章が載ってるんです。もう10年以上もずーっと山と生きてる人を通して、森を見続けてきた方です。
そして、今回の山の1日先生養成講座の壮絶たる講師陣、みんな長野さんの人脈のおかげなんです。
本当に感謝感謝の連続です。

講座の様子・内容は、こちら
んふっ、キムヒロさん、いつも本当にありがとーーっ!!
私が撮った写真は、恥ずかしくて載せられません・・・・(あはっ、いいわけです。ごめんなさい。)

長野さんの講義、まずは日本の林業の歴史。から始まりました。
話は、縄文時代から始まるの。遺跡からわかる林業の歴史。
始めて聞く話ばっかり!すっごくおもしろい。
奈良平安時代・戦国時代~江戸初期・昭和の戦時中と、日本は3度の乱伐期があって、その中でも戦時中は、大乱伐しちゃったらしい。
なぜ、乱伐期を迎えるのか、それにはそれぞれ理由があるのです。
・・・・・え?いやいや、ちゃんと理由は言えるけど、そんな簡単には教えられないよーっ!(笑)
人は、木がなければ暮らして行けなかったんだね、ほんと。

そして、戦後。
林業の黄金時代ってやつが訪れるんです。
多くの林業家たちは、この頃誕生したのです。
林業って戦後から始まったんだ、って言っても過言じゃないかも。

そしてその後、外材時代に突入したり、エネルギー革命で木の需要が随分変わったりしながら、今の林業の現状がある。・・・って、あまりにも説明が簡単すぎたかしら??

高知県の森林率は全国一で84%ですって。そのうち人工林は66%(全国2位)
驚くことに、日本の木材自給率は18.4%。こんなに周りにいっぱい木があるのにね。
いろいろ問題あるんよね。・・・・え?いやいや、ちゃんとどんな問題があるかも言えるけど、そんな簡単には教えられないよーっ!(うそじゃないけんね)
3月には講座の資料集も作成しますので、興味がある方はお問い合わせ下さい。
話しきれないことばかりだから。

そして、林業の歴史を学んで、だから林業家として暮らす人たちが生まれたんだーってことがわかった後は、林業家さんたちの話。
林業家ってどんな仕事をしている人たちなのか、その人が何を思い仕事をしてるのか、仕事のサイクル、アイデア、などなどの話を、長野さんが出会った、山で生きてる・森をつなげてる14人の方の紹介を写真を見せてもらいながら聞きました。
林業家って言っても、仕事の内容は、本当に多種多様。千差万別。
だけどみんな山に暮らし、森と人をつなげるお仕事をされています。
私も、子どもたちを連れて山で何か体験させてる時は、もしかしたら林業家になるんかも?も?

午前中たった3時間の講義で何ともたくさんの内容のこいーお話を聞かせていただきました。

午後からは、野外へ。
何とか雨も降らず。(ニヤッ)
身体尺ってので、木を測ったりしました。おもろかった。
間伐の話、林道の話、木を植え、保育し、伐るという話、森の多様性の話・・・・。
ここでもたくさんの話を人工林を見ながら聞いて感じました。

いやー、楽しい1日だったよ♪

そして、今日の2日目の内容に移ろうと思ったのですが・・・・
なんだかもう今日はいっぱいいっぱいになっちまったな。(汗)
続きは明日にするけん。

昨日の夜は、ってか今日の朝は3時まで長野さんを囲んで・・・・飲み語り続け・・・
いささかわたくしおしゃべりし過ぎた感もありますが、メチャクチャ楽しかったーっ♪
楽しかったといえば、おとといの夜も夜中1時過ぎまで楽舎で語り続けました。(この日は酒一滴も飲んでないけど)メチャクチャ楽しかったーっ♪おとといの夜の話は、また後日ね♪

そりゃさすがにしんどいか?私。

とにかく、昨日今日と無事楽しく(いっぱい笑ったな~♪)開催することが出来ました。
講師の長野さん、今日の日誌では登場出来なかった岩本KID、本当にありがとうございました。
そして、受講してくれた皆さん、ほんまにありがとうございます。
今回もおかげさまでした。

長野さーんっ、まったねーっ♪
いっぱい忘れずにがんばるけん!(笑)
コメント

森と林業・・・

またまた登場、くまさんです。

一年前、学舎にうかがう前に行った先が
馬路村。このさらに山奥が魚梁瀬って
所で、土佐藩が献上用の杉を育てるた
めに保護していた林業地があります。
今年の夏に家族と行ったのですが、いや
まあ、すごい大木。杉でこんなに綺麗な
森ができるんだ、と感嘆しました。

神奈川では丹沢の一部で十年と少し前ま
では、諸戸林業さんという三重の会社が
超伐期林業をやっていたので、とても森
のきれいなのが見られたのですが、ここ
も、円高で輸入材が安くなってしまい、
営林をやめたと聞きました。

こんなバカなことをしている事で影響が
いろいろな所に出るのですが、目先の事
ばかり考えているとわからないですね。

戦後の拡大増林の問題点もお話しにはあ
ったのかなぁ。資料集ができたら、ぜひ
学舎のサイトで紹介してくださいね。
できるだけ頼みますから。はい。


くそぅ

飲み会私も参加したかったー!
植野先生のときも岡田先生のときもいつも泊まりで行くのに今回に限って予定があって日帰り。
残念だ!
講座はとても楽しかったです。山で滑って転んだのもいい思い出。

今度は私も寄せてくださーい。
ロープ登りでぐだぐだに疲れたので今夜はもうビール飲んで寝ます。

くまさんへ

もちろん戦後の拡大造林の事も講習できましたよ。詳細はみっちゃんが直に。
私達のお××なコメントで入りづらいと思いますが、私達なんて無視して度々正当なコメントしてあげて下さいね。
まあ、あんまりすると頭痛を催すみっちゃんらしいので、お気を付け下さい。

くまさんへ

邪魔臭い私達のコメントすいませんです。
もちろん戦後の拡大造林の事も講習できましたよ。詳細はみっちゃんが直に。
私達のお××なコメントで入りづらいと思いますが、私達なんて無視して度々正当なコメントしてあげて下さいね。
まあ、あんまりすると頭痛を催すみっちゃんらしいので、お気を付け下さい。

あいたたた

最初のコメント無しね。
管理人さん削除お願い、無理か。

どるちゃん、もうお休みかい。まあ、あんだけ汗かきゃ無理もなかろう。

蛇足

`どるじ'さんって、
`どじる'さんなのね。
納得。

林業

輸入しまくり日本は、お金の価値の差と安い運送料によって支えられている。
ので、近い将来原油価格が上がる→輸送コストが上がる。
木材輸出国が豊かになる→お金の価値の差がなくなる・環境に配慮するようになる→木材価格上昇+輸出の規制
によって、国内材の需要が高まるでしょう。林業家は、そのときまでの辛抱でしょう。山と技術を持つ人の天下になる時代が来るはずです。

さすが元楽舎

〇うす〇けさん
抑えるとこはちゃんと心得てますなあ。
みっちゃん頭痛にならずに済みそうやね。

>くまさん
魚梁瀬のやなせ杉の大木は有名で、話に聞いたことあるけど、実際に見たことないです。見てみたいな~
行ってみたい場所の一つです、馬路村。(同じ県内なのに、とーーいもんな~)
ほんと、端から端までよく来て頂きましたね、あの時。心より、ありがとうございます!
戦後の拡大造林のお話も出てました。
レジュメを見なおすと、昭和25年頃から山林が回復し始めた、とあります。
それまで政府統制品だった木材や薪炭の取引が自由化され、国を挙げての緑化運動が始まります。
拡大造林には2つのピークがあって、昭和29年には、戦時中に乱伐した跡地に造林、昭和36年には雑木林を伐って造林し、ドンドンガンガン増加(詳しい数字はいつか出来ると思われる資料集にて・・・笑)していったようです。
木材は不足しているし、外材輸入量も少なかったうえ、戦後の復興や、高度経済成長とやらなんかもあり、材価は急上昇。
まさに、「木を植えれば将来は大金持ち!」ってんで、苗を背中にしょって、あのそびえ立つ道もない山をひたすら登って木を植えていったなんて、すごい体力と気力やなーと思ったことです。
道を造ってる場合じゃなかったんやろねぇ。
「造林ブーム」、流行りってすごい!
でも、木を植えてきた人たちは、自分の将来のこともそうだけど、子の代、孫の代、木で儲けて幸せに暮らして欲しいって願って植えてるんやけん、自分の暮らしで精一杯の私は、頭が下がるばかりです。険しい山にも登れません、はい。
せめて、資料集はがんばって作ります故、出来るだけ頼まれました!(笑)

>どるじさん
負けた気がする疲れはとれたか?(笑)
ほんま、一緒に飲めたらサイコーやったぜっ!
次の講座の夜は、講師とのノミケはないけど、是非おすすめのノミケがありますので、9日土曜の夜は、開けといてください♪(場所:楽舎)
次は転ばぬよーに!(願)

>ノ木リ木さん
まーた酔うちょったろーっ!
2回も送信しましたね!(笑)
削除出来るけど、おもろいから残しときます。(ははっ)

>ぼうずはげさん
たまにいきなりまじめに漢字が多くなるけんびっくりするわいっ!(笑)
長野さんも言いよった。
第4の乱伐時代に入らないよーに気を付けんといかんろーけど、きっといい時代が来ると。山と技術を持つ若い男を見つけます!(汗)

>デッパラ・ぼうずはげさん
今回の話聞いて来るべき木材自給の時代のためにインフラ整備が重要だと分かりました。実際フィールドワークで入った暗い山を見て実感。手入れせんとこうなるって見本みたい。
「田辺方式(四万十方式)」の林道を日本中にコツコツつくっていかないかんねえ。

>ノ木リ木さん
今回の木登り(ロープ登り)もいつもにまして得体のしれぬ敗北感に襲われました。なんだ、この負けた感じは。なんだ、この必要以上の汗は。もう、木登りは卒業かな…(遠い目)。
どるじは決してどじるじゃないぞー。今回はたまたまです。
汗で出た水分は昼ごはんのビールですぐ補充しました。

>みっちゃんさん
いやー、今朝は珍しく朝9時まで眠ってしまった。木登りの疲れと布団なんかで寝たせいやね。
Africa、おいしかった。今度は夜ビール行こう。
9日の夜は楽しみに空けておきます。「ウコンの力」も持っていこうか。それとも粉末のウコンを箱ごと持って行こうか。

どるちゃん

だめーっ!
卒業したらダメーーっ!!
あんなに楽しいのに、登ってるどるじ!
たぶん、体育館のせいやったがやと思うけん。
木やったら大丈夫!!と、思う・・・。

ほんま、Afrikaうまかったー♪
KIDのおかげで最後はちゃんと挨拶が出来て良かった(笑)
夜も楽しみやね~♪

そんなにウコンの力はいらんけん。

卒業って言葉は

その道を完璧にマスターした人が言う言葉。
ね。どじ、いやどるちゃん。
キッドくんもホロー、いやロープのせいだと言ってたし。装備補助した人も悪いってことになってたし。どんまいドンマイ。
しかし、今回は3人づつだったからまだマシやったけど、ロープ1本だったら、登る人は注目の的やね。
そういうのも、わたしゃ気が乗らん原因のひとつやわ。
まあ、楽しい人は頑張って下さいね。

卒業

もう卒業!
もう大体わかった。おおまかにつかんだ。ほぼマスターした。こんどは見る側にまわろかな。

テレビ番組を降板する落ち目の芸能人でも「卒業」って言いよるけん。卒業は便利なことばやけん。


ミッチャン悲しむやろね。

笑い者にしたみたいですまん。どるちゃん。

ぶっ

何故にちょっとしんみりムードになってんのかノ木リ木さん。
笑い者にするのが正解!
笑われてなんぼの我が人生。
みっちゃんさんは…悲しむもなにも卒業を許してくれそうもないのでまだしばらく精進することになるでしょう。くぅぅ。

さすが

大人。
絶対歳上だろー。

そーいや、高校時代の部活で、「今チョットスランプやなぁ・・・」って言ったら、監督に、スランプっていうのは、才能がある人が使う言葉や、と言われた経験があるな・・・。
どるじの「卒業」とは関係ないが・・・思い出したのは何故だ?(笑)

ふふ、精進しよーぜっ!みなのものーーーっ!!

そう、実は。

ノ木リ木さんより大分年上なのです、わたし。でもみっちゃんさんよりは大分若いです。

そのみっちゃんさんと同じハンドボール部の監督に言われたことば。
「よーーし、どるじ、今のチェンジアップは良かったぞ!」
精一杯力込めてすごい形相で投げた球でした…。

私達にはスランプも卒業もないってことで。おおいに精進しましょうぞ。

つまり

みっちゃんが一番おばちゃんだぁね。

>ノ木リ木くんどるじくん
こらこら、なんだそのオチは・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ