FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
53位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日誌
昨日の朝から今日の昼過ぎにかけて、「地域案内人ワークショップ」という講座に参加しておりました。
一昨日は、檮原に行ってた。檮原の話もしたくてしょーがないのですが、記憶が少しでも新しい方からご報告。

昨日からの講師の先生、衝撃的な出会いでした。
すっごく元気な、楽しくて、かっこいいおばちゃんです!
普段は北はりま田園博物館で主に活躍されているインタープリターの絹川先生。

まず、最初、先生の自己紹介の時。

「私の名前は絹川です。よろしくお願いします。私は“先生”って呼ばれるのが好きじゃないんです。どうかみなさん、私の事を”女王”と呼んで下さい」
「女王さん、でも、女王さま、でもかまいません」

先生って呼ばれたくなくて、女王って呼んでって・・・おもろいっ!(笑)

その理由は、後でわかりました。
女王は、「木縫(きぬ)の里山王国」という所にいらっしゃるのです。
その王国の女王さまなのでした。(なるほどっ!)
ちなみに、私、女王様に「水の女神」と名付けていただきました!
え?おかしい??
だって、数々の雨女伝説を話したら、「じゃぁ、あなたは、水の妖精・・・じゃなかった(調子にのってます)、水の女神じゃないのっ!!」って♪(ふふっ)
よろしくってよ、これからみっちゃんのことを、女神って呼んでも、よろしくってよーーーっ♪
「石にされそう・・・」とボソッ言った人間を知っていますが・・・(汗)

えーっと、・・・・・
その絹川先生改め女王の元で、西土佐地域の有志?15人ほどが集い、「地域を案内する」立場の人にとって、何が1番大切なことなのか?を学びました。

先週末に森林インストラクター講座をした時の岡田先生と、私たちに伝えたい思いがかなり重なってました。「森」から「地域」に言葉が変わっただけで、大切な事はどちらも同じでした。
ようは、「何を伝えたいのか?」「自分に(自然から、地域資源から)何が伝わってきたのか」ということ。
森を案内したり、地域を案内したり、楽しいプログラムを体験してもらったり、それはすべて、案内する側が「何を伝えたいのか」がないと始まらないんだな~。
知識はなくても想いがあえば、案内人は出来るんだ!と改めて大きな自信へ・・・(やばい・・・)
けど、知識はないよりあった方がもちろんいい、と女王も付け足してました。(はっ、参加者にいい気になる奴がいるとわかったのか??)

伝えたいテーマを決めて、その為に何を使うのか素材を見つけて、それを使ってどんな楽しい活動が出来るか考えて、実際に活動して、みんなで振り返る。
これを何度も繰り返してやりました。
カヌー館の建物の中でも、この四万十楽舎の校舎の中でも、どこでも出来ました。
いや~っ、すげーや!
今後、四万十楽舎に視察に訪れてくれる方たちには(ほとんどが、役所のおじちゃんですが)、いよいよみっちゃんの出番かな!?
今までは、もちろん視察に来てくれた方に楽舎の説明したりなんかしたことないですけど・・・
いいおんちゃん相手に
「みなさんこんにちはー、四万十案内人の女神です!(?)。今日は四万十楽舎にようこそおいでいただきました。・・・・」なんて、言ってるかもよん。

今日半日で四万十楽舎の校舎内を、何周りしたかわかりません。
自分の職場をこんなにもよーーーく見たり、校舎が持っているメッセージを感じようとしたりなんかしたこともありませんでした。
そして、来てくれる皆さんに何を伝えたいのか・・・・・校舎そのものが素材になるなんてね~

女王が言ってました。
案内をすることで、する側も、される側も、「心豊かな人生が送れる」そんな人になるため、育てるためにやってるんですよー、って。
案内人は黒子です。主役はお客さんであり、この地域の資源なんだと。
私、主役になっちゃいけないんだわっ!(笑)

そして、地域案内が、まちづくりや地域の問題に気づく活動につながったり、地球規模、宇宙規模にもなる自然の循環にすべてつながっているんだ、ということ。
いやいや、やっぱり奥が深い・・・・・。



本当に楽しくて、充実した2日間でした。
女王様、本当にありがとうございます!
女王からいただいた名前、大切にします。

あ、あと女王から出された宿題・・・・みんなでやってみたいと思います。
またその時は王国から抜け出して来て下さいね。



さーってみなさん、いつでも女神が、案内するわよっ♪
あ、でも一応事前にご連絡下さいね。案内人の水の女神をご指名で(笑)。

コメント

水の女神さま

どうか、どうか、庶民が必要と望んだ時にだけ、水を与えたまえ。決して皆が楽しむイベントの日だけには、お恵みくださいますな。

そんなにやさしくありましぇーん!(笑)
今度の23日は、どーかな??
私が神頼みしたいわい・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ