FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
53位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日誌
言ってなかった気がする、
山田さんがアフリカ チャドから帰ってきたこと。
当初は、今くらいに帰ってきて、職場に出てくるのは3月頭の予定だったんだけど、昨年末に帰ってきた。
お母さんの具合が良くなくて、急きょ帰国。

今は病院と職場と家を行ったり来たりで、かなりハードな毎日の様子。
本人はいたって元気のようで、ひとまず安心。

この時期なので、スタッフが全員事務所に揃うということはあまりないのだけれど(誰かが休んでいたり、出張だったり)、今日は午後から、山田さん、大高先生、さっちゃん、管理人、私と、めずらしく5人が机に揃って座った。(一瞬だったけど)
パソコンのキーボードをたたく音が普段よりいっぱい聞こえた。(一瞬だったけど)
大高先生が山田さんに話しかけて会話し、大高先生が管理人に話しかけて会話し、大高先生が山田さんに話しかけて会話し、大高先生が、さっちゃんに話しかけて会話し、大高先生が・・・、ととにかく大高先生は忙しい。

スタッフ会をした。
山田さんに「楽舎に来て今まで、みんなが、スタッフ全員で何か大きな目標に向かって、力を合わせて一つになって向かって行く姿を見たことがない」と言われた。

・・・、うん、当たっている。
同じ目標を持つことはあった(ある)と思う、いや、ま、あって当たり前か・・・。
しかし、みんなで一つになって・・・ってのは自信がない。
そんなの意識してなるもんじゃなかろうし、意識したところで簡単になるもんでもなかろう。

そんな話をしていて、高校時代のハンドボールの部活を思い出した。
あの時は、「強くなる」「勝つ」ことを目標に、チームメイトとぶつかったり励まし合ったりしながら、春も夏も秋も冬も過酷な練習に耐えてきた。
ハンドボールそのものが、個人戦ではなく、チーム力の勝負。
一人だけが優れていても強くはなれない。みんなそれぞれに役目があった。
何度も泣いたし、何度も笑い合ったし、高校生活の大半をチームメイトと過ごした。
健全な青春時代って奴。(その後不健全な青春時代に突入することになるが・・・)

山田さんは、私たちに熱いものを感じられないと言った。
確かに・・・、当たっている。
あのときの、高校時代部活をしてた時のような熱い思いは持っていない。

一見バラバラに見える我が四万十楽舎スタッフは、実際もバラバラなのかな?
ま、仲良しグループになる必要もなかろうが、いつか山田さんの理想とするような、熱いチームに成長する時が来るのだろうか。
コメント

熱しやすく冷めやすい男がおらんのが残念やね。(冷めやすいんじゃおっても意味がないか。)
ブログ見たら、日々感動しているように見えるけれど。なかなか熱いようにみえるで。(あんまり大きな目標とはいえないかな?)
みんなが協力するような、でっかいイベントがあればええね。
はげも、小さな夢を、ぬるーく日々進めています。
楽舎の皆さんの活躍を楽しみにしています。

あつっ!

山田さんて熱い人やねぇ~。ステキ!でもまぁ、楽舎のスタッフもそれぞれ熱いものは胸にあるような、確かにちと方向は違うかも・・つていう気はするけど。
一致団結して熱く燃える楽舎に一度遊びに行ってみたい・・カナ?

春休みキャンプ行こね!

>ぼうずはげくん
そーね、燃える女目指してるからね、あたしゃ(笑)
やっぱり、「夢」が大事よね。
私の夢は、飲み屋やし・・・、楽舎関係ないけんいかんがやろか・・・?
でも、楽舎の仕事も日々勉強になっておるよ。
はげの夢、おーえんしております!(ホタルのことやろ?)

>はるママさん
あつくるしい楽舎になる自信はあるけど・・・(汗)遊びに来たくはないね、そんなとこにゃ・・・(笑)
熱く燃える楽舎スタッフ・・・、とても想像つかない人間が約1名いるな・・・宇宙人のような・・・(笑)
でも、ママたちいてくれるし、がんばるぞっ!
春休み、楽しみだ♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ