FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
46位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日誌
今日は午後からカヌー体験の予約が入っていた。
11人の団体様。

今日は朝からかなり強い風。
おいおい・・・、大丈夫なのか?この風、と思いながら出勤。
朝一で予約のお客様から確認の電話があったらしい。
「かなり風が強いんで、ひっくりかえる可能性が大きいんですが・・・」と電話に出た大高先生が言ってくれたらしいが、「覚悟していきます」という答えが返ってきたらしい。
(そっか、覚悟を決めて来るのね!)と私も覚悟を決める。
午前中、カヌー12艇を河原に運ぶ。
軽トラで2往復。
カヌーを持ったまま強風にあおられると全く身動きがとれない。
風が強くて砂やほこりが飛びまくり、ハードコンタクトを入れている目は、痛くて全く開けられない。
泣きながら、(カヌー飛ぶんじゃねーか?)と心配しながらも置く。

昼前、消防の防災無線で「強風注意報が出ています。火の元には十分ご注意下さい」という放送が流れる。
だよな、注意報ものだよ、この風は。

午後1時過ぎ、予約のお客様から「到着が1時半ぴったりくらいになると思うんですけど大丈夫ですか?」と電話があった。
「あ、時間は大丈夫ですよー。ただ強風注意報も出てて、かなり風が強くて危ないかもいれませんが・・・」と言うと、「えーっ、・・・がんばります!」と返事が返ってきた。
(笑)こりゃ、やるっきゃないな。
ハードコンタクトレンズから、使い捨てのソフトコンタクトレンズに目を交換。
靴下も脱いだ。

ピロティに置いてある椅子が風で飛んでいる・・・。

午後1時半ちょっと過ぎ、みなさん到着。
大学生だ。若いぞっ♪
着替えてもらって、くつを履き替えていざ、河原へ。

河原に行くと・・・あれ!?
12艇運んでいたはずのカヌーが8艇しかない!
(どひゃーーっ!)
すぐに事務所にいる大高先生に下りてきてもらい、回収作業にはいってもらう。

陸上でパドル操作の練習をして、乗ってる時の注意や強風の問題点なども説明。
「ま、たぶん、みんな沈する覚悟はできてるようなので、いさぎよくね(ははっ)ただし、陸から離れたところで沈すると、メッチャ大変なのでなるべく慣れるまでは陸から離れないでください・・・、っていっても、風が沖へ沖へ吹いているので、イヤでも流されていくと思いますが・・・(ははっ)どんどん流され出しても慌てないでね、風に逆らって漕いでも進まないし体力を消費するだけだし、それにあわてるのが一番沈しやすいからね、ま、この風だから何にもしなくても沈しちゃうかもだけど・・・(ははっ)流されるのはちょっと心配で怖いかもしれないけど、なるべく風や流れに逆らわず、流されながらでいいので少しずつ河原の方に近づいて下さい。それでもなかなか近づけなくて姿が見えなくなっちゃたら・・・がんばって(ははっ)」ってな感じでいろいろ話している間に大高先生は流された4艇のうち3艇を無事回収。
「さて、まだ全員にはカヌーないけど、足りない分は交代で乗るようにして、とにかく乗ってみますかっ」
「はーーーい♪」

まず最初に自分が乗って、川からみんなを見守る。
ほぼすべてのカヌーが陸から離れ、何人かはすでに沖へ沖へと出始めた。
そして、最初の強風到来。
3艇撃沈。
3人のうち、2人は男の子で1人女の子。迷いもなく女の子に近づき、男はほっておく。
「さぁ、私のカヌーの後ろにつかまって」と女の子を陸に連れて行っているその時
2回目の強風到来。
1艇撃沈。(男の子)

女の子を陸に上げ、後ろを振り返ると、カヌーだけ2艇川に浮いていた。
沈した男の子3人のうち、一人は自力でカヌーと一緒に河原にあがれたみたいで、2人はカヌーを置いて、自力で河原まで泳いでたどり着いていた。
2人とも、正解だよ。えらい!
カヌーなんか流れたっていいんだよ。
それよりも、自分の身を一番に守ろうとすることが大事です。
カヌーに必死にしがみついて身動きとれずに泣いてるより、カヌーをあきらめて、必死で冷たい水の中泳いで陸にあがっていたので、ねーさん安心しました。確かに、カヌーもしっかり陸にあげてくれていた男の子はもっと偉かったけどね(笑)

「こんなに寒いとは思わなかったーーーっ」って、そりゃそーだよ、いくら今日が節分でもう春だ!なんて言っても、まだ春は来てないし、2月の頭だよ!
3人沈したあとは、もうね、何がなんだかよくわかんねーや。
ひたすら約2時間ずっとカヌー回収してました。
さすがに一回沈したら寒くてしょーがないので、少しずつ人数減っていったな。
沈しなくても、手がかじかんでパドル握れないし、やっぱり寒さに負けて減っていったな。
最後までがんばって乗ってた5人。お疲れさま。
結構上流まで上ってたし、この風の中乗りこなせたんだから、もうどこでも乗れるよきっと。

奇跡的にカヌーもパドルも一つも無くなることなく(パドルも河原飛びまくってたし、川の真ん中流れてたりしてたのに・・・)無事終了。

とんだ初乗りカヌーの日だったけど、無事が一番。
みんな無事ならすべていい思い出です。
ま、何人かは風邪ひくかもしれないけどねぇ・・・。お大事に(笑)

また一緒にカヌー乗ろうね。
あ、でも次回は風のない時に是非来てね(笑)


明日は四万十小楽校「スキーへ行こう」
お隣愛媛県の小田スキー場へ西土佐の小学5,6年生を20人ほど連れて行って来ます。
あ、明日も寒そーだな・・・。
でも、楽しい1日になりますよーに!
明日も無事過ごせますよーに!!
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ