FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
46位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:個人的
どうやら風邪をひいたらしい。
人から風邪が移ることはないのだけれど、娘からは何故か移る。
なので、子どもを産んでからよく風邪をひくようになった気がする。

上の娘が風邪?また来たか?と思われたのが月曜日の夕方。かなりしんどそうで、夕食もほとんど食べず西遊記も見ずに寝てしまった。(ただの疲れだといいんだけど・・・)
案の定火曜日の朝、上の娘さん「のどが痛い・・・あたまも痛い・・・」としんどそうに訴えてきた。
「あらら・・・、やっぱり風邪やねぇ・・・、ま、熱はないけん保育園行って」と言って行かした。
その日は保育園でもほとんど給食を食べず、お守りさんとこでもおやつも食べずすぐ寝たらしく、迎えにいった時も寝ていた。
「かわいそーに、しんどいがよ~」とお守りさんも心配してくれた。
上娘はその日の夜8度以上の熱が出た。その時くらいから私ものどが痛くなってた。背中もゾンゾンしてきたので、もちろん風呂にも入らず、夜8時には3人で布団に入った。
9時からのドラマ見たかったんだけど、しょーがない、とあきらめる。
上娘と私は、ふーふー言いながら布団にくるまって早く寝ようとしていたのだけれど・・・。
たまったもんじゃないのは下の娘だった。
保育園でしっかりお昼寝もして、風邪のウイルスも蹴飛ばしている下娘は、夜の8時に寝られるわけがないっ!と言わんばかりに動き回るし、しゃべりまくるし、歌まで歌い始めた・・・(汗)
「ねー、お願い、おねぇちゃんもおかーさんも頭痛いし、静かにしてくれん?」とお願いしても、「だってぇ、眠れんもーんっ」の一言。
上娘はさすがにどんなに下娘が騒いでも、あっという間にぐっすり寝たから良かったけど。
下娘に「ねーおかーさぁん、たまには朝まで起きちょかぁん?」って言われて「おまえふざけんなっ」と覆いかぶさり、反対に大喜びされてしまったりもしながら、気が付くとみんな寝てた。

昨日水曜日の朝、前の晩8時から寝たので、さすがに目覚めもよい娘たち。(8時に寝たのは一人だけだけど・・・)
上娘が「あー、治った!」と言って起き出した。
下娘が「よかったねー♪」と言っておいかける。
母は・・・、(しんどいっ)起きられない・・・。
しかし元気になった二人を連れていては休めない・・・。
何とか起きあがり、朝食(お雑煮)を食べさせ、保育園へ。
その後家に戻って、お迎えの時間までずーーーっとコタツで寝てた。
あっという間に夕方になり、迎えに行って、洗濯物干してたら、たこ焼き屋さんの車の音楽が聞こえたので、1パック買っておやつを食べさせ、夕食のチキンライス(別名ケチャップチャーハン)を作り、皿にもってテーブルに出し、その後ぐったり・・・。
でも、ピアノの練習はしっかりやったぞっ!
夜も更けてきて
「おかーさん、今日も頭痛いし、お風呂やめとこかなぁ」とこぼしてみた。
「んーー、かまんけど・・・、もう3回入ってないけどぅ・・・」と上娘。
「入らんでえーよーっ♪」と下娘。
・・・・・・
入ることにした(汗)。
風呂に入って夜の9時に就寝。
風呂に入ったのがいけなかったのか、母は熱がどんどん上がり、体中汗びっしょり。
夜中、おしっこに行きたいのをがまんしていたからか、変な夢を見る。
夢の中で何度もおしっこしてるのに、何度も行きたくなる夢。どれも便所がすごく汚い。
山奥の公衆便所だったり、どこか公民館みたいなところの便所だったり、連れているネコが膝の上でおしっこしたり、なんどしても勢いよくおしっこが飛び出すという共通点もあった。
幾度と無くそんな下ネタの夢が繰り返されたあげく、最後の夢は確か、ロープレスキュー講習会の時みたいに、ギアを体につけて準備していると、先生と思われるがっちりした男が「○時40分になったらはじめよーか」と言った。時計を見ると○時34分くらいで、「あっ、おしっこ行っていいですか?間に合うかな?」と言いながら、体からギアをはずし、トイレに入り(その時のトイレもティッシュがいっぱいべったりくっついているような便器だった)急いで、勢いよくおしっこをするのだが、だしてもだしても終わらない。という夢で、おしっこ出してる途中で目が覚めた。
さすがに「こりゃいかん」と思い、起きあがって現実にようをたす。時計は夜中の2時前だったように思う。
(あー、良かった、まだ朝まで時間がある)と安心した記憶がある。

そして今朝。
まだちとだるい。
のど痛いし、頭も痛い。
けど、おとといの朝、同じ症状を訴える娘を無理矢理保育園に行かした手前、なんだか仕事を休むのは気が引けた。
そうさ、かーちゃんもがんばるさっ!
ま、もともとこんくらいのことでへこむ柄ではないのだけれど・・・

さて、気になるところは下娘。
このまま一人、ケロッとしたままなんなく乗り切ってしまうのか?
それとも今夜あたりから体の異変に気づくのか?
出来ることなら、なんなく乗り切ってもらいたいとこですけどねぇ・・・。

ま、しょーがないよねぇ、この時期、風邪はね。
1晩2晩ゆっくり寝ただけで、病院にも行かず治ってくれるだけでも親孝行ですよ。
しんどくてもがまんさせられて保育園にお勤めにいかされるしねぇ。
すまねーな~。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ