プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
397位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
35位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:行事報告
午後は、各班基地の前で記念撮影。
1班
みそらん、りなりー、UKの高校生お姉ちゃんお兄ちゃん班
 IMG_0720_20170403214315f8c.jpg

なんか、がっつり基地が出来上がってます。さすが!

2班
ひろゆき班
 IMG_0740_20170403214317f38.jpg

こちらも、覆われてますねー。女の子が多かったですが、きっちり作り上げておりますね。

3班
ゼウス班
 IMG_0748_20170403214318f59.jpg

写真からは基地の全容がわかりませんが、
見えない位置に入り口があったようです。

どの班も、遊具を作ることを熱心にしていたようで、
ブランコやシーソー、ベンチがありました。
初めてじゃないかな?基地作りで遊具を作ったのは。

今回は落とし穴はなかったようです。笑


晩ご飯は、BBQ!
 IMG_0774.jpg
のあと花火!
 IMG_0818_20170403214319237.jpg

花火は一瞬でしたが、きれいでした。
火遊びしたけど、おねしょしないでねー。。。

さて、明日はいよいよお別れの日。
お別れの日は、あっという間です。

少人数の今回はなんとなくまとまって、や、
高校生のお兄ちゃんお姉ちゃんがいたからか?
たくさん遊んで、いい子だったように思います。

厨房にいると、毎日、
昨日よりは、残さず食べれた!
野菜以外は食べたで!
今日は完食!
ごちそうさまでした。美味しかったです。

かわいい声が聞こえてきて、うれしゅうございました。

ありがとね。

明日は、忘れ物をしないようにお片づけが待っています。
さあさあ、今日も早く寝ようね!

おやすみなさーい☆
コメント

楽しそうだけれど?

子供たちの楽しそうなの良いけれど。

自分が子供のころは親や爺ちゃんが教えてくれたことばかり
やっていますよね。
いま時はツアーで行かなければ経験できないものなのか
考えさせられてしまう。

基地を作る場所が都会に無くなっているのも事実だが
もう少し親が頑張っても良いような気がするのですが
どんなもんですかね?

ちなみに営業妨害ではありません
子供たちには親としていろんなことを教えたいもので......

>年寄りの独り言さん
最近では山へ勝手に入ることはもちろん、子どもたちだけで遊ぶこともなんとなく怖い世の中のようです。

親御さんも一緒に遊びたいけれど、お仕事が…とか、
親御さん自体やったことがない…であるとか、
うまくできない…といったようなことが要因となっているのかもしれませんね。
本職、というのは厚かましいかもしれませんが、私どものようなところに、
子どもを預けて遊んでもらえるのであれば、それで良い。
とお考えなのではないでしょうか?
ま、お友達ができて、楽しそう。っていうのが一番かもしれませんけど。

あくまで、私一個人の意見です。

ぜひ、年寄りの独り言さんは、お子さんにいろいろ教えてあげてくださいね!

田植えが終わったぞ!

我が家の田植えも終わり、
お気に入りのブログを徘徊していると
好き勝手を言っているコメントに
丁寧な返信をありがとうございます。

たしかに、いろんなことを自分が教えたいのですが
集団で行動することは、もう教えることはできそうにないです。
自分が夏休みで田舎に帰ると、いとこだけで10人はいましたから
いやでも集団でのルールを覚えることになりました。
楽舎のような組織は必然として生まれたのかもしれないですね。

前回のコメントで誤解があったようで、
子供は成人しているので、元気なうちに孫と遊ばせろと
家の子供に言いたいのです。

今後とも、よろしくお願いします。

>年寄りの独り言さん
田植え、お疲れ様です。
ここらあたりも、田植えの準備をしているところが増えてきました。

いとこだけで10人とは!
いいですね。わいわい楽しそうです。
今でもきっとそんな環境があれば、子ども達はいろんなことを自然と覚えてゆくのでしょうね。
うらやましいー!


お子さんは成人されておりましたか。
失礼いたしました。
お孫さんとたくさん遊んでいろんなことを教えてあげてくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ