FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
680位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
59位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日誌
雨の中のどんと焼き。
うっかり厄払いの御札持ってくの忘れちゃった。
現地について、商工会の人に「厄よけの御札なんかも持ってきていいの?」って聞いたら「たぶんいいんじゃない?」って答えてくれた。
たぶんいいみたいなので、来年は持って行くことにしよう!

会場に行くと、子どもたちは家から持ってきた正月飾りを持って待っていた。
「みっちゃん何にもないが?」
「うん。餅だけ食べに来た」
「そんなのは、ダメです!みっちゃんは食べちゃダメーっ!」
「そんな決まりないもんねーっ!」
「べーっ!」
「べーっ!」
「おばちゃーん、あの人にはお餅あげんとってくださーい!」
「おいおい、こらこらっ!」
・・・・・・・・
敵ばかりか・・・。

さて、どんと焼き。
まず神事があって、神主さんがお唱えをした。
その後、一人一人たまぶし(だったっけ?)を祭壇においてお祈りをするんだけど、商工会の人が、
「えー、それでは子どもたちの保護者を代表して、ひらのみちさんお願いします」
と呼ばれた。
(えっ!?お、おれ!?保護者代表って、そんな大それた・・・)
「はいっ」といい返事をして、たまぶしをもらい、たまぶしを祭壇に置き、2回お礼をして、2回手をたたき、1回お礼をする。
その後子どもたちもさせてもらった。
山となったたくさんの竹やしめ飾りなどに火がつけられ、雨の中ゴウゴウと炎が立ち、モクモクと煙は天に昇っていった。
どんと焼きの煙を頭にかぶると頭がよくなるらしいので、いっぱい頭から体からすみずみに煙をすりつける。(そんな必死でやってるヒトは他にはいなかったけど・・・)
子どもたちにも勧めたが、
「恥ずかしいけん、いや」
「きたなくない?」
「一人でやって」
「頭良くなるがやったら、みっちゃんがやればいーやん」
・・・・・・・・
やはり敵ばかりか・・。

その後はお餅つき。
つきたての餅をいただく。
おしるこは苦手なので、もちだけ食べていると
「みっちゃんにはおしるこないがや、かわいそーっ」ときた。
「えーがやもんねーっ!もちだけで食べた方がおいしーがやもんねーーーっ!」
「あーっ、つくってくれた人に失礼やっ!」
(うっ・・・)
・・・・・・・・
く、くそーっ・・・。

お餅とおにぎりをいただいて、予定では凧上げをするはずだったんだけど、雨でできないから、天井のある東屋でコマ回し遊び。
実は私、コマ回しあまり得意じゃない・・・。
が、そんじょそこらの小学生に馬鹿にされたままでは終われない!
気合いで乗り切ってみせよう!
「よし、みっちゃん勝負!」
「おーよ、受けてたつ!」
「せーのっ」
「おー、まわりようまわりよう♪」
「いーち、にー、さーん、しー、ごー、・・・・・・」
「こ、こ、こ、こらーーーっ!」何度やっても必ず回ってるコマにちょっかいを出すふとどきものが現れる。
けっこう大変なんやけんねっ、うまくまわすの!
ホンキでむかつくーっ!

でもコマ回しおもしろいね。かなり楽しみました。
我が娘らにも教えてやらんとな~来年あたりには。

その後道具箱の中のハゴイタを発見された。
それだけなら良かった・・・。
あいつら、筆ペンまで見つけてしまった・・・。

帰り道、顔中墨だらけにした私は、みんなに笑われながら手を振っていた。
そんなもんだ。
だって、私大人だし。

今年も相変わらず元気な子どもたちと、たくさん楽しい時間がもてますよーに!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ