FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
46位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:個人的
4人キョーダイの一番下の妹が結婚する。
高知市に住んでいた妹Saは、彼とはもうかれこれ3年になるのかな?
千葉県に実家がある彼が、高知での仕事を辞めて帰ることにしたので、ついていくことにしたらしい。

妹曰く「んふっ、じゅんちょーっ♪」「3年たってもラブラブー♪」らしい・・・。
すでに年が明けてから上京し、東京で暮らしている2人。
(やった!また一つ東京に家が出来た!!)

妹Saの旦那になる彼の名前は、私の別れた旦那と同じ名前・・・。
母曰く「まー、こんなこともあるもんやねぇ・・・同じ名前とはねぇ・・・ま、同じように別れるってことにはならんろーけどねぇ・・あの子のことやけん」

・・・、“あの子のことやけん”ってのが気になりませんか?母君・・・。
ま、確かに妹Saはしっかり者です。
「愛」に生きる女です。
まがったことが大嫌い。自分にも人にも厳しい奴です。
毎年2回、母方と父方のお墓参りも欠かしたことがありません。(ほんとにえらい!)
家族の誕生日には必ずお祝いのカードか電話を欠かしません。(いつもありがとう!)
怖い人かと思えば、かわいらしかったり。
人見知りするので周りからよく誤解されやすい(怖い人って・・)いや、実際怖いんだけど・・・。
でも親しくなった友人らを本当に大切にする奴です。
見かけはすごくクールなんだけど、中身はとても熱いんです!
私と逆・・・(汗)
共通点といえば、同じB型で自分大好き!ってことかしら?(笑)

妹Saとは8つ歳が離れていて、喧嘩もしたことがない。
私が中学生だった頃、保育園にSaを迎えにいったら、「今日はおかーさんがお迎えでよかったねぇ」とおばさんに言われてショックだった記憶がある。
Saが小学校5年生の時、私は大学生になり家を出たので、妹Saの思春期を知らない。
Saが中学2年生の時、教育実習でSaのクラスの授業をしたこともある。(やりやすいのか、やりにくいのかどうにも複雑だった・・・)
Saが中学生の時東京に遊びに来たことがあった。新宿を一緒に歩いていたら外国の方に道を聞かれた。その時の私があまりにも情けなかったのがきっかけで、「絶対英語だけは勉強しよう!」と心に決めたらしい。
Saが高校2年生の時、私はUターン。
同じ高校で同じハンドボール部に入った後輩、妹Sa。
Saがいるということもあり、ハンドの練習をよく見に行った。試合も見に行った。
その頃、異性の相談もちょくちょくうけるようになった。
ある程度Saより経験豊富の私は「ふんふん、あるあるっ」などと知ったかで答えていたもんだ。
高校を卒業したSaは、イギリスに行った。
どうしても英語が勉強したい!その為には英語を話している国にいくべき!と決めていたらしい。
あっけなく行ってしまって、2年後に戻ってきた。
英語ぺらぺら・・・(汗)
すごかった、電話で英語でしゃべっていたな・・・。

そして、英会話教室の先生していた。
いくつかの失恋を経験し、今の彼とあって、「これ以上相性の合う相手はお互いにいない」と占い師を驚かしたほどの名コンビと成長した。

確かに、Saの言うとおり「じゅんちょー!」の一言。
でもそれは、Saがちゃんと自分の力で(努力で)つかんだものだ。
さすが我が妹だ。(笑)

今でも会うたびに「おねーちゃーん」と抱きついてくる妹Sa。
これからもずっと2人の幸せを祈っているよ。
ま、もちろんおねーちゃんの幸せあってこその、おまえの幸せだけどねーっ!(笑)

さてさて、もう一人の妹Si、そして弟Yよ・・・。
君たちの幸せな話がこの場所で出来るのはいつなのかな?・・・。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ