FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
46位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日誌
味噌材料(今回)

大豆(窪川町産):5升
塩(瀬戸の塩だったかな?):3kg
麹(中村産):3kg
水(西土佐名水橘):いっぱい

朝、名水橘を汲んでくる。
昼前「せんば」めぐ+ちび2人登場。

【12:00】
大豆をゆで始める。
 火の番はめぐにまかせ、みちは中村へ麹を買いに。お店の場所を勘違いしていて、3件も訪ねながらやっと見つけたら、我が家の畑の先生である友人のお家の真ん前だった。ピンポーンってしよっかな~と思いながらも、急いで帰る。


【14:00】
あと30分くらいでゆで上がりそうだな、という頃。
 麹と塩をビニールシートに広げてよーく混ぜる。
※かなり楽しい作業だけど、手に傷がある人は、塩がしみてかなりヒリヒリする。
(そしていっぷく)

【14:30】
2時間半ゆがいた大豆を、石臼でえっちらおっちらとつぶす。
※かなり楽しい作業だけど、ちと疲れる。

【15:10】
つぶした大豆をシートに平らに広げて冷ます。
※人肌の温度くらいまで冷ます。40度を超える温度だと、麹菌がしんでしまわれるらしい。
(その間にいっぷく)

【15:15】
実はいっぷくしなくても十分冷めていたことに気づき、急いでつぶした大豆に麹と塩を混ぜ合わした奴を振りかけ、よーくよーく混ぜ合わせる。
※おいしくなーれ、おいしくなーれ!と願をかける。
※かなり楽しい作業だけど、いつ止めればいいのかしおどきがよくわからない。

【15:30】
壺に材料をつめていく。
 すべての材料を混ぜ終えたものを、ソフトボールくらいのおっきさに丸めて直球(ここが大事)で壺の底に投げ入れて行く。
※かなり楽しいけど、一球目は力の加減がわからず、だんごがこっぱみじんに飛び散るのでご注意。

 途中でぎゅっぎゅっとおしつけながら空気が入らないように詰めていく。
 8部目くらいで振り塩をする。
 味噌になろうとしていると思われる材料をすべて壺に入れたら、最後にまた結構たっぷりと塩を振りかけ、ラップでぴたっとフタをして、重しを乗せて、壺のフタをして、新聞紙をかぶせてひもでくくる。
※とにかく空気が入らないようにするのが大事らしい。

【16:00】
すべての作業終了。


感想とか書いてる余裕が今日はないので、また明日。
あ、写真もね、前半だけは撮ってる、というか撮ってもらってるので、また明日。
後半は、「あとは、私が撮るけん」っていっときながら、結局終わってみたら、1枚も撮れなかったっす。
無理っす。何かをしながら、写真を撮るって、無理っすーっ!(泣)
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ