FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
675位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
58位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:お知らせ
明日
3月7日(土)
「休・廃校舎活用アイデア塾」開催します。

10年前、
四万十楽舎が設立した頃は、西土佐地域にある休校舎は、ここ中半小学校だけでした。
中半小学校が休校になって丁度10年目に四万十楽舎誕生。

10年前、
春には四万十小楽校のチラシを持って、11の小学校に挨拶回りに行っていたのを思い出します。
11校全部を回るのに、3時間以上かかったなぁ~
それでも西土佐の地域をくまなく回れて、
谷川沿いのくねくねした道でも運転好きな私には楽しい時間やった
信号ないし。
初めて通った時は少々不安にもなったけど・・・
「こんな奥にも集落があるんやぁ~」と何度思ったことか。

あれから10年たち、現在四万十小楽校のチラシ配りは7校に。
それでも全部回ると2時間近くかかります。

この10年で西土佐地域だけで4つの小学校が休・廃校舎になり、
そのうちの一つ権谷小学校は、民俗資料館 「権谷せせらぎ交流館」に生まれ変わってます。
今回のアイデア塾でも事例発表してもらいまーす。


そしてこれから2年後には、今ある7校の小学校が1校になります。

20年前、12校あった西土佐地域の小学校が、1校に。

近隣の市町村でも同じように学校再編成というものが進んでいて、この先10年で一気に休・廃校舎が増えるやろ?と思うのです。


なので、


「学校とお宮は、地域の一番いい場所、暮らしの真ん中にあります。
 今、増えている休・廃校舎を活用している事例を近隣から学び、地域にあった利用法を考えてみましょう!!」


と、いうことなのです。


学校をこれからの未来につなぐためにも 立ち止まらず、悩みながらもいろんな挑戦をしていきたい。




是非明日、会場に足を運んでいただけたらうれしいです。

「休・廃校舎活用アイデア塾」
3月7日(土)
場所:中半体育館

13:00 オープニングミニコンサート
(誰もダメって言わなかったので私が歌わせていただきます)

13:30 事例発表
    【森の巣箱】(津野町)
     木造のとてもかわいらしい校舎。
     宿泊施設になってます。あの木造校舎がほんまにうらやましい・・・

    【あんきな家】(土佐清水市)
     小学校校舎を介護施設に。
     実は弟がここで働いている。
     何の因果か、姉弟そろって廃校舎活用中。

    【高知黒潮若者自立塾】(黒潮町)
     実は私も今回この施設を初めて知りました。
     どんな活動をされているのは、お話を聞くのが楽しみです。

    【権谷せせらぎ交流館】(四万十市
     四万十楽舎でも度々お世話になっております。
     佐川さん、よろしくお願いしまーーーす!!
     ちなみに、せせらぎ交流館代表の佐川さん、
     四万十楽舎初代会長理事っす!
     足向けて寝られません。

14:30 シンポジウム
 ~廃校舎の有効な利用方法について~
コーディネーター役の我らが山田隊長、本日点滴うちに病院へ・・・・
明日ですけど?
大丈夫でしょうか??
いざ!という時は考えてます。
えぇ、私たちも成長していますから(ふふふ)


16:00 交流会
 会費2.000円(要予約)
ですが、今になってもご予約ありませんので、ない?かな?
でも、チラシには「要予約」って書いてないでやんの・・・
相変わらず先が読めん毎日です。

数人分のキムチ鍋の材料は用意しました。
なので気が向いたら交流会にご参加下さいませ。
お酒代も含まれてます。



以上、明日のお知らせでした。
中半体育館で待ってます!
コメント

休校・廃校がそんなに増えたのですか。子どもの数と人口はどうなのでしょうね。人が住んで、育って、働いて、遊んで・・全部がそろってこそ地域なんだと思うのですが。小さな学校には、小さいなりのよさがあると思うのですが、効率性の名の下に見落とされてしまうようで、残念です。
 そうそう、親父がせっせと山に出かけている間に、子どもの受験が終わりました。八ヶ岳の岩場・中山尾根で、「ひぇー、落ちたらアカン」と必死でよじ登ってから下山報告に電話したら、「受かった」との話。あー、落ちなくてよかった・・(?)

本当に、落ちなくて良かったですね
おやじさんもがんばりました!(笑)
おめでとうございます♪



今でこそ、学校の行き帰りや放課後、近所のおばちゃんやおんちゃんに見守られて、褒めてもろうたり怒られたり、ありがたい日々やけど、バス通学になってそんなんなくなったら、と思うとやけに寂しいです。

親もみんながみんな学校を残したい、と思っているわけじゃないんやな・・・
と、説明会の時にしみじみ感じたもんです。
難しいねぇ~

でもま、楽しくやるしかないですな、見つけながら。
親も子も、地域も!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ