FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
721位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
62位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日誌
今日も雪。
今朝は積もってた。

土曜日から朝から降ったり止んだりの雪。
「積もるかなぁ~ 積もるかなぁ~」
と楽しみにしていた娘も朝起きて大喜び。
親子で大寝坊したけれど。。。

今朝1本の電話。
(えっ 今何時!?)
と慌てて時計をみたら7時17分。
娘が家を出る時間は毎朝7時15分。
「げーーーーーーっっ」
と言いながら慌てて電話に出る。

「もしもーしっ」
「もしもし、もえちゃんいますか?」
「おるおる、ごめんねーーっ ちょっとまってよぉ~」

「もえもえもえーーーーっはよはよっ  やばいっ 寝坊したっ  みんなに先に行ってもろうちょきよーっ」
と、娘を起こしながら電話を渡す。
寝ぼけた様子で
「あ、おはよう。先に行っちょってぇ~」
と娘。

「え? 何? うんうん。(窓から外を見る娘)わかった。はーい。じゃぁねぇ」
と電話を切った娘

「何かね、バスが来るかもしれんけん、連絡があるまで家で待ちよくがと」
「へ?」
「雪積もっちょうで」
「ほ?」
・・・・・・・・・・
「おーーーーっ、助かったねぇ~  雪が積もって良かったねぇ~」
「うん」

どうやら雪でスクールバスが運行出来ず、普段通りに学校に行っても学校が開いていなかったらしい。
てっきり雪が積もって滑りやすくなってるから、先生が心配してくれて車を出してくれるがや、と勘違いした親子。

寝坊したのに、思わずゆっくりと朝食。
昨日の残りのシチュー温めただけやけど。
ちなみに、昨日のシチューは白菜と鶏肉のシチュー。
うまい。
でも、いつまでも冷蔵の中にあったサツマイモも一緒に入れたら、「イモが甘いっ」と下の娘に叱られた。。。甘くて怒る子どもがどこにおるんやっつーねんっ

近所の兄妹が連絡があるまで一緒に我が家で待機。
いきなり雪合戦が始まった。
ちっちゃな雪だるまも出来てた。
こっちは寒くて縮こまってるっつーのに、やっぱすっげーな、ガキどもは。

さすがに30分も遊ぶと、手足が痛くなったらしく、ストーブの前でトランプして遊んでましたけど。

8時半頃連絡あり。
「9時までに学校に来て下さい」
というものだった。

「えーっ バスが迎えに来るがやなかったがぁーっ」
「結局歩いて行くがやったら、先に行って校庭で遊びたかったーっ」
と4人がぶつぶついいながら、玄関を出て行きました。

「はい、いってらっしゃい!」


私の出勤は8時半。
その時すでに8時半は回ってましたけど、ははは。
スクールバスが走り出したってことは、もう道路も問題ないのであろうが、
(9時頃行けばいっか。。。雪やし。。。ちょっとだけ)
と思い、コタツに横になる。

意識が戻ったら9時半やった・・・・
今朝2度目の
「げーーーーーーーっ」

さっちゃんは、風邪を引いてしまってお休み。
隊長も大事をとってお休み。
管理人は昼から来た。
10時前に出勤した私。
やる気がないわけでは、ありませぬ、決して!
ただ、雪が積もったから?
留守電が2本入ってました。
すみません。



コタツで2度寝したとき、何かわけわからん夢を次から次へと見た。
誰やったか忘れたけど、家の庭に立派な畑をつくってくれたり、でもそのせいで何故か隣の家の庭が大洪水になったり。。。
あと、おやじが夢に出てきた。
初めてのこと。
普通に生きてた。
ほんで「風呂に入る」と言って風呂場に入ってなかなか出てこんかった。
弟や妹も出てきて、娘がちっちゃい頃(まだ頭が相当薄かった時代)に戻ってた。
場所はおやじの里の家で、何かよくわからんけど、チョーリアルやったなぁ。

弟や妹はおやじの夢を何度か見た、と話していたけど
私は一度も見たことなくて、ま、私のことが一番安心しとるんやろ くらいに思ってはいたのだが・・・
2月1日はおやじの一周忌。
おやじ、何か心配しとるんかいな?

雪くらいで寝坊したけんやろか。。。
コメント

もえさんよかったねー

雪のお陰で遅刻せずにすんで^^




ほんま、あの性格やけんねぇ~。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ