プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
536位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
42位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:個人的
今日は、朝ひよっこを見て、出勤し、月に一度の不燃物を軽トラに乗せて、
出しに行ってもらい、事務所が落ち着いたら、今日からお泊まりの団体様のお昼ご飯作りの補助に入りました。

お昼ご飯は、おばちゃんたちに来てもらい、
ひさよさん、りっちゃん、ふさえさん、さちとわいわい楽しくやってました。

「さきは、毎日怒りよるがね」っとさちに暴露され、
「だって、怒らないけんことばっかりなんやもん。」っというと、
「暑いがやけんそんな怒られん。」っと諭され、
その時は、「そうね。怒っても気持ちがすっきりするもんでもないしねー。」っと。
ここまでは良かったのです。

でも、やっぱりイライラして怒ってました。
事務所に帰ったら、釣りのお客様からの返却を処理しないで、邪魔にしている管理人。
なんで片付けんの!?っというと、
「俺じゃなくても誰でも片付けれるろ?
俺はもっとやらないけんことをしよるがやけん、他の人がやったらええがやん。」
って、これは、ただの言い訳じゃありません?
何回言っても「手が空かん。」の一点張り。
もう、本当に嫌。
結局、お昼寝したりする暇はあるのに、片付けはできない。
お昼寝って、保育園児じゃないんやけん、バッッカじゃない?としか、言いようがありません。

もう、ずっと後始末して行くのしんどいんです。
やりたくないんです。
でも、やらないと、どんどん事務所が汚くなるんです。
ほんと、嫁さん連れて来て、家族経営にしたらいいと思う。
私もさちも、へとへと。
いうこと聞かんし、というか、聞く気もないし、直す気もない。
なんで直さないけんの?となる。
ほんと、言うのがめんどくさい。
話したくない。

あとね、もう、愚痴りついでにいろいろ書くけど、
人の教育っていうか、
スタッフ間の不満が上がった時は、それをうまく処理して、
人を育てて行くのが、上司の努めじゃないですか?
でも、その不満は、受け流して、注意することもなく、
そのまま素通りして、なんの良いことがあるんでしょう?

信頼関係が築けませんよね。勤務状況が改善されないということは、
まあ、どこの職場でもあることではあると思いますが、
楽舎ほど、アットホームで自由な職場もないと思うんです。
なのに、不満が上がると言うことは、改善していかなきゃ、やってけないってことじゃないですか?

誰か困ってそうなところがあれば、助けに入る。
せめて声をかける。忙しい時はなおさら。

それが、できない。できる子が嫌になってしまう。今はそんな職場になりつつあります。

なんで耐え忍ばなきゃいけないの?
もちろん、耐えることも必要だけれど、
ただ耐えて行くのはしんどいことですよね。

もちろん、相手に伝えられていないことが問題なのですが、
その役目をなんと考えているのでしょうね。

ほんっとに最低!
っと、日に何度私は言えば良いのでしょう?
あー、お盆前に
仕事したくなーいモード。
ボイコットしてやりたい!

あーやだやだ。
今日もお酒飲んで寝なしんどいわ。
DATE: CATEGORY:個人的
今日は、四万十高校の学生さんの宿泊です。
お泊りだけで、あとはずっと黒尊に調査のもようです。

暑いけど、元気な学生さんたちです。

さて、このあいだのことですが、
私のいとこの子どもを連れて、おじさんおばさんが来てくれてました♪
私がここにいる間に、夏のめっちゃ忙しい時期にならぬ間に…っと、来てくれたんです!

もぉね、この子が可愛くて♡
めっちゃぎゅーっと抱きしめました。

ご飯食べる間も、まぁ元気!
最初は人見知りしてましたが、
慣れると、ボディタッチもしてくるやんちゃ坊主でしたが、
可愛いけんなんでもゆるすー♡
おばちゃんからラインをもらって、ニヤニヤする日々。
ものすご、にやけて癒されてます。

二日目カヌーに乗ってもらいました!
fc2blog_20170713142405f6c.jpg
どう?カッコ良いでしょ?

楽舎さっちゃんにも男前やねー!っとお褒めの言葉もいただきました!

やー、おっきくなっても私のこと忘れないでいてくれるといいなー…
DATE: CATEGORY:個人的
昨日は、お休みを頂いて
今住ませていただいてる口屋内集落の
運動会に参加させていただきました。

運動オンチな私ですが、
参加させてもらうのも、見ているのも楽しかったです。

ズルもたくさんしましたが、温かく見守ってくださり、ありがたい限りでした。


それにしても、おんちゃんおばちゃんの
縄ないは、なんと早いことか。。
手を擦ると、縄ができあがるって、どういう仕組みなのかしら。。


競技に参加させてもらって、
今日、筋肉痛が来たということは、まだ若い?
昔は、その日に来ていたような…
ま、まだ筋肉痛になるだけ、若いと思っておこうっと。
DATE: CATEGORY:個人的
今日はなんと良い天気になりました。
ドライブ日和な四万十でした。

今日は、ゴールデンウィーク前の、気合をいれるために、、、
道の駅とおわ にランチに行ってきました!笑

事務所空にして!とお叱りを受けそうですが、お許しを!

やー、のんびりゆったり、気持ちよかったー!
ご飯も美味しかったー!

春のとおわかご膳

“春の”とかつけられたら、夏も秋も冬も食べたいねー♡
と、きゃっきゃっ言いながら、
堪能しました!
楽舎でもイタドリ出してます。が、味も違うし、シャキシャキ感がある!
なぜやろ?
切り方かな?

お肉にかかってた なばなソースも美味しかったし、
私的には“しのだまき”なるものが、気になった!一本でも食べられるーっ!

お野菜多めやし、余裕で食べられるぜぃ!と思っていたら、お腹いっぱいになりました。甘く見ていた…

んがしかーし!


お隣にできてる
おちゃくりカフェなるところに行ったことがなかったので、2周年フェア期間中に、お邪魔しました!
新商品も登場し、今ならドリンクサービス!
ありがたや!

3種のタルト(写真)に、
地栗ブリュレをいただきました!

ブリュレさん。パリッパリの表面に、トロトロな中身!栗クリームもおいしかったー♡

楽舎から眺める川と
とおわの川と景色がだいぶ違うので
遠くに来たみたい!ええねぇ。
と、スイーツを前に喜んでおりました。


心安らかで、幸せな日やったなぁー。
こんな日が毎日続けばいいのになぁー。
DATE: CATEGORY:個人的
今日も晴れて良い天気の四万十です。
今日は、少し前に行かせていただいた、ピザ焼き体験について書こうかなー

 四季彩農園

西条にある、"四季彩農園" さんにお邪魔して、ピザ焼き体験をしてきました。
四季彩農園さんには、、、
 ひつじ やぎ
動物苦手な私としては、近寄りがたいですが、ひつじさんや、やぎくんがいました。
楽舎のさっちゃんの大好きな柴犬もおります。
 犬とさち
のんびりした雰囲気に癒されます。

ピザの作り方をならい、手順通りに、みんなで実践!
 生地のばし
現地集合であけぽんにも来ていただき、、
しかも、お友達らしく、なんだか四季彩農園さんがぐっと身近に感じました。(勝手に)笑
夏に持ってきてくれるブルーベリーはここのものだったこともわかり、ますます親近感。笑

自分が作ったのが、わからなくならないように、名前を書いて、
 焼く前ピザ

窯で焼かれて出てくるのを待ちます。
 石窯

焼けるのを待つ間、ほうれん草のまびき。
これも、サラダとしておいしくいただけます♬
 まびき
お隣のハウスで、スナップエンドウの収穫も収穫させてもらい、それはお土産に♡

きれいなお姉さんがキャベツまるまるスープ、グリーンピースのパウンドケーキを作ってくれてて、それもピザとともに、いただきました!
 きれいなお姉さん  グリーンピースのパウンドケーキ

自分で作ったピザは、やっぱり、かわいいみたいで、みんなお腹いっぱいになったーと言いつつ、ペロリとたいらげておりました。ハーブの香るピザ、私初めていただきました。おいしいですねー!
 焼けたピザ

集合写真もちゃっかり撮らせていただき、農園を後にしました。とても、おいしく楽しい時間を過ごさせていただきました。みんなで作って食べるって楽しい!そして、きれいなお姉さんがいると、テンションもあがる!笑
 集合写真

中半分館の皆さまのおかげで、とても素敵な体験ができました。ありがとうございましたー。
DATE: CATEGORY:個人的
3月の頭くらいから、大阪におる真ん中の妹が出産の為里帰りしとります。

まぁとにかくでっかい腹でして、
「おねーちゃんのお腹が痩せて見える~」と錯覚をおこしてしまうほど。


4月に入るまで
「まだよ~ まだよ~」
って声をかけていたけれど

4月に入ってからは
「もうええよ~ もうええよ~ はよ出てこーーいっ」
と声をかけておりましたら、

昨日の夜破水。

どうやら今日中には産まれることでしょう♪


また孫が増えます。

4月2日の夜たらふく呑んだので、
3日の夜から禁酒。

結局たったの4日しかがまんせんで済みました。
予定日より1週間ほど早いです。


千葉にいる孫もすくすくと成長しているようです。
1歳半になったんかな?
その時も予定日より1週間早く出てきたな。
禁酒を始めて一週間もかからんかった。

なんてババ思いの孫なんでしょ。

よっぽど酒好きと思われておりまっせ・・・




そんなことで、
ババは孫が出てくるやいなや分娩室に飛び込みたいので、とりあえず今日は仕事もうしませーーーん!

朝からカメラ首にひっかけて準備万端です!

では行ってきまーーす♪
DATE: CATEGORY:個人的
いやいや、4月に入りましたな。

明日からが新年度?

今日までは、まだ学年上がらんのやもんねぇ
4月1日に生まれた人は、何だか特別な感じがするね☆




昨日が年度末最終日だと思ってたけど、今日やんっ
と、今日も昨日の延長戦。
きっと明日もあさっても・・・

私の年度はいつ終わる?


あぁ~~
えーーーー天気やなぁ~~
気がついたら桜もきれいに咲いていて、春ですわ。

今日、という日に幸せを感じる毎日です。



一昨日の休日。
楽しみにしていたスケート、行って参りやした。

あらかじめ印刷していた地図を楽舎に忘れ、
「何とかなるろっ」
と出発!

きよし二女母子と、みっちゃん母子のささやかな道楽。
いやぁ~メッチャ楽しかった♪


途中、高速のサービスエリアで昼食。

「恋人の聖地」と言われるその場所で・・・


恋人にさよならされるの図
「ほらっはよいくぞっ」
「えーーっぼくもっと二人で一緒にいたいのにぃ~」
「じゃ、一人でおれっ」
(注:母の妄想セリフです)
IMGP5370.jpeg


恋人に腕立て伏せをさせられるの図
「お前もやらんかーーっ」
「おれもうイヤだーーっ」
(注:母の妄想セリフです)
IMGP5371.jpeg


その後、
みっちゃんの荒っぽい運転にも耐え、
「迷った? 迷ってない?」を繰り返しながら、
無事目的地到着!


ドキドキやぁ~


みんな初心者なので、
10分500円のレッスンを受けます。
先生、ほんまにありがとう!
IMGP5375.jpeg

ほんまにレッスンがいるのは、母2人だけでしたけど・・・

娘2人は、氷の上に立った瞬間から滑ってたし・・・
息子1人も、こけては立ち、こけては立ちを繰り返すうちに、あっという間に滑れてたし・・・

あんたら、余裕すぎるぜっ

IMGP5402.jpeg

IMGP5378.jpeg

IMGP5396.jpeg


たまに、壁にたたずむ母に声をかけては、
IMGP5385.jpeg


立ち去る・・・
「おぉぉぉぉーーーーいっ」
IMGP5383.jpeg


唯一自分を撮った写真・・・
えぇ、手です。
IMGP5380.jpeg



さすがに4時間近く滑ったので、
最後はちっとは滑れてましたよ、私も。

なぜか左足だけ滑れるんよ・・・
「スイーーっ カっ スイーーーっ カっ」てなリズムでした。

自分の重さを充分存じ上げておるので、
こけるのがほんまに怖くて怖くてビビッた。


また来年行こうかな♪




帰り道、紙芝居仕事でまたまた四国入りしているぐれっちと再開!
一緒にご飯食べて帰ってきましたぁ~
ぐれっち、ありがとね♪
会えてうれしかったぞーーーーーーっ
IMGP5423.jpeg



娘も春休みの素敵な思い出が出来たことでしょう☆

春休み残り1週間・・・
あとは好きにやっとけよ~~
DATE: CATEGORY:個人的
寒くて寒くて、
ほんまになんっちゃしとないっ


冬眠したいよーーーーーっ



うちの娘さんたち、
新学期になって、いきなり寝間着で寝るようになりました。

「寝間着で寝たほうが、疲れがとれるんで、おかーさん」
「寝よう間にいっぱい汗かくけん、臭くなるがで、おかーさん」
と、教えてくれました。

「そりゃ寝間着で寝た方がええわい」
と、答える母。

「おかーさんも寝間着で寝たや」
って言われたので、
「それは無理だね」
と、答える母。

風呂に入ってない夜は、布団では寝たくないので、
私はほとんどコタツで寝ています。

寝汗くらいなんってことないしぃ
朝着替えるの寒いしぃ
とは、さすがに娘には言えない母。
せっかくいいこと教えてもらったのに、水を差すようなことを言ってはいけません。

(いいことだ)
と思って、母はうれしかったのです。

(この家で一番ダメダメは私よ。。。)
と思って、母は娘に負けた気がしていたのです。


が、
新学期が始まってまだ1週間もたってないというのに、
3年生の娘が昨日の夜、
「おかーさん、まいはやっぱり寝間着は無理」
と告白。
「なんで」
って聞くと、
「朝着替えるのめんどくさい」
って・・・・・

それ、わかってたことやんけっ
ったく、私にそっくりじゃんっ

ま、何も言えませんよ、えぇえぇ、私はね。

5年生の娘は、
「もえは、もうちょっと寝間着で寝てみる」
って・・・
今にも折れそうやんけっ


ま、いつまで続くか楽しみにしている母なのでした。


ちゃんちゃんっ
DATE: CATEGORY:個人的
季節外れの家族旅行、
平日、どうみても小学生の子どもをつれた母、
まるで訳あり親子だな。

「あれ? 学校は?」
と思っても、触れてはいけない言葉かのように、誰にも触れられんかった(笑)

馬路温泉の食事は、ゆずがいい感じにアクセントとなってて、さすがでした。
水までゆずの香りがしていい感じ。
ゆずが嫌いな人だったら、まず無理でしょう。
私は、ゆず大好きだけど、ゆずのジャムみたいなのは苦手。。。
ゆずだけじゃなくて、いちごもりんごもみかんもぶるーべりーも、ジャムになったら食えません。

朝食の鮎の開きの干物がおいしかった。
娘の父親(私のモトダン)が、これをつくるのが上手で、自然に「おとーさん」の話も飛び出ます。
メッチャ手間ひまかかるんよこれが。
干物にするのに適した大きさもあるらしい。
・・・・・・・・
できねーな、おいらにゃ。

楽舎でも朝食に鮎の干物なんか出せたら最高でしょうに。。。
海の魚でごめんね。
でも、楽舎の朝食のも宿毛で捕れたメッチャおいしい干物ですよ~

って、干物の話してる場合じゃなかったっすな。

あ、あと、馬路温泉の受付用紙とか、請求書用紙とか、みんな筆の手書きを印刷したもので、なんかあったかくて良かったです。
てか、馬路村全体がそんな雰囲気でした。
なるべく手書きのもので届けるって、大事かもしれんね。

いろいろ勉強になりました。


さて、旅の2日目。
馬路温泉を出発して、
まださらに山奥へ。

いざ、魚梁瀬。

千本山に登ります。
かよわい女3人だけの旅なので、
初めての山を歩くのは心細くて、、、
山の案内人さんをお願いしました。

魚梁瀬ダムの話、森林鉄道の話、馬が通ってた道の話、
山の話の他にもいろんな話が聞けて良かったです。
娘は、ダム湖の下に、昔の町が沈んでいることに興味を持ち、
「潜りたい潜りたい」を連呼してましたけど・・・
無理です。


馬路からさらに1時間も車で山奥へ。
とんだ山奥だぜ。
登山口に到着。

へっぴり腰の娘にあきれながらも
「あんたら、学校休んでまで来とるんやけんね、気合い入れて歩けよ」
と、一喝。
「へいへい」
ってなもんですよ、娘たちは。

IMGP1988.jpg   IMGP1985.jpg

山の案内人のおんちゃん、お名前忘れちゃいました。
ごめんなさい。
とっても優しい口調で、歩くのはやっ

「おいしい空気をいっぱいすうてね 町じゃこんな空気はないきねぇ」
っておんちゃんが言った時
ちっちゃい声で娘が
「町じゃないし・・・」
って言ったのがおもろかった(笑)



しかしまあ、何ともでっかい杉ばかり。
立派ですわ。
IMGP2003.jpg   IMGP2000.jpg

ここも、昔は林業が盛んだったんやろね。
きっと抱えている現状は西土佐とそうは変わらんのやろな
けど、いろんな試みを惜しみなく挑戦して形にしている馬路や魚梁瀬の人たち、がんばっとる。



IMGP2044.jpg   IMGP2039.jpg

IMGP2027.jpg   IMGP2031.jpg


おんちゃんのお話独占です。
ちゃんと聞いとるんかは微妙やけど・・・
IMGP2020.jpg




IMGP2022.jpg   IMGP2051.jpg



山の中は、とても静かで、
時間がゆーーっくり流れてました。
贅沢な時間だったな。

標高900mにある見晴らし台まで登って、
今日はここまで。
頂上までは、まだ2時間ほどかかるらしい。
IMGP2054.jpg

遠くダム湖が見えました。
IMGP2058.jpg







一度は行ってみたいと思ってた馬路&魚梁瀬の旅
娘と一緒に行けて良かった。
あんだけ車で走ったのに、高知県から出てないっつーのもすごいわな。
高知、ひろい!



なんとなーく、学校休んで、でっかい木見た
ってなくらいで、娘の思い出にも残ってくれることを願って。。。
IMGP2037.jpg



帰りの車の中、ひたすらおつまみ昆布を食べてた娘。
家に帰っての一声は、
「こんぶおいしかった~ また買うてよ」
でしたけど・・・



DATE: CATEGORY:個人的
10月4日(月)
いざ、馬路村へ!

しっかりご飯食べたのに、出発してすぐに、
「おかーさん、途中でコンビニよってえ~」
と娘。

「何か欲しいもんあるが?」
と聞くと
「やっぱ、旅といったらコンビニって感じやん?」
って言われた。
旅にコンビニはつきものらしい。
てか、コンビニが遠いからか?

高速下りてすぐのコンビニによる。
買ったものは、おつまみ昆布。
おっさんか。
それも、1袋ずつ。。。

昆布がなくなってすぐに、
「おかーさん、帰りも昆布買ってえ~」
って言われる。
どんだけ好きやねん。。。


家を出て、約4時間半。
馬路村に到着。
「西土佐と変わらんね、こりゃ」
と娘の第一声。
「ま、山やね」
「うん、そうやね」
と親子の会話。

まずは、ゆずの森やったっけか?
馬路村のいろんなゆず商品加工してる工場へ。
機械がお休みで動いてなくて残念だったけど、木の建物が気持ちよくて、ゆずの香りがめっちゃして、ごっくん馬路村もらって、きれいなトイレで2回もおしっこしたけん、行ってよかった。
「私ら、残念な時に来てしもうたね」
と娘には言われましたけど
残念って言うな。。。


その後は、ごっくん馬路村を直売所で買って、
馬路温泉へ。
目の前を流れる安田川で一休み。
前日の雨で、川は増水しとったけど、なかなか気持ちよかったですよ。
夏は最高やろな~

夏じゃなくてもズボンびしょぬれでしたけど。。。
IMGP1953.jpg   IMGP1954.jpg

IMGP1963.jpg   IMGP1968.jpg



馬路温泉で、
温泉つかって、トランプして、おいしいご飯食べて、温泉つかって、トランプして、
読んでみたい本があったので、読んでたけど・・・
やっぱり読み出したら眠くなったので、寝ました。
夕食までに缶ビール3本。
夕食中に芋焼酎3杯でがまんした。

「ほんまに走る気あるが?」
と娘に言われますけど、
まあいいじゃないか、旅だもの♪
IMGP1981.jpg   IMGP1979.jpg



IMGP1982.jpg



娘たちは風呂においてあった
ゆずのシャンプー&リンスがたいそうお気に召されたようで
「買って買ってーーー」
とせがまれるので、買いました。
きっと風呂嫌いの母もしばらくはゆずの香りで楽しいことでしょう。。。



さて、明日は魚梁瀬へ。
行ってよかったよーー
学校休んでまで。

いざ魚梁瀬の話は、明日にでも。


ではでは。

copyright © 2017 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ