FC2ブログ

プロフィール

楽舎スタッフ

  • Author:楽舎スタッフ
  • 四万十楽舎へようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
56位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:個人的
季節外れの家族旅行、
平日、どうみても小学生の子どもをつれた母、
まるで訳あり親子だな。

「あれ? 学校は?」
と思っても、触れてはいけない言葉かのように、誰にも触れられんかった(笑)

馬路温泉の食事は、ゆずがいい感じにアクセントとなってて、さすがでした。
水までゆずの香りがしていい感じ。
ゆずが嫌いな人だったら、まず無理でしょう。
私は、ゆず大好きだけど、ゆずのジャムみたいなのは苦手。。。
ゆずだけじゃなくて、いちごもりんごもみかんもぶるーべりーも、ジャムになったら食えません。

朝食の鮎の開きの干物がおいしかった。
娘の父親(私のモトダン)が、これをつくるのが上手で、自然に「おとーさん」の話も飛び出ます。
メッチャ手間ひまかかるんよこれが。
干物にするのに適した大きさもあるらしい。
・・・・・・・・
できねーな、おいらにゃ。

楽舎でも朝食に鮎の干物なんか出せたら最高でしょうに。。。
海の魚でごめんね。
でも、楽舎の朝食のも宿毛で捕れたメッチャおいしい干物ですよ~

って、干物の話してる場合じゃなかったっすな。

あ、あと、馬路温泉の受付用紙とか、請求書用紙とか、みんな筆の手書きを印刷したもので、なんかあったかくて良かったです。
てか、馬路村全体がそんな雰囲気でした。
なるべく手書きのもので届けるって、大事かもしれんね。

いろいろ勉強になりました。


さて、旅の2日目。
馬路温泉を出発して、
まださらに山奥へ。

いざ、魚梁瀬。

千本山に登ります。
かよわい女3人だけの旅なので、
初めての山を歩くのは心細くて、、、
山の案内人さんをお願いしました。

魚梁瀬ダムの話、森林鉄道の話、馬が通ってた道の話、
山の話の他にもいろんな話が聞けて良かったです。
娘は、ダム湖の下に、昔の町が沈んでいることに興味を持ち、
「潜りたい潜りたい」を連呼してましたけど・・・
無理です。


馬路からさらに1時間も車で山奥へ。
とんだ山奥だぜ。
登山口に到着。

へっぴり腰の娘にあきれながらも
「あんたら、学校休んでまで来とるんやけんね、気合い入れて歩けよ」
と、一喝。
「へいへい」
ってなもんですよ、娘たちは。

IMGP1988.jpg   IMGP1985.jpg

山の案内人のおんちゃん、お名前忘れちゃいました。
ごめんなさい。
とっても優しい口調で、歩くのはやっ

「おいしい空気をいっぱいすうてね 町じゃこんな空気はないきねぇ」
っておんちゃんが言った時
ちっちゃい声で娘が
「町じゃないし・・・」
って言ったのがおもろかった(笑)



しかしまあ、何ともでっかい杉ばかり。
立派ですわ。
IMGP2003.jpg   IMGP2000.jpg

ここも、昔は林業が盛んだったんやろね。
きっと抱えている現状は西土佐とそうは変わらんのやろな
けど、いろんな試みを惜しみなく挑戦して形にしている馬路や魚梁瀬の人たち、がんばっとる。



IMGP2044.jpg   IMGP2039.jpg

IMGP2027.jpg   IMGP2031.jpg


おんちゃんのお話独占です。
ちゃんと聞いとるんかは微妙やけど・・・
IMGP2020.jpg




IMGP2022.jpg   IMGP2051.jpg



山の中は、とても静かで、
時間がゆーーっくり流れてました。
贅沢な時間だったな。

標高900mにある見晴らし台まで登って、
今日はここまで。
頂上までは、まだ2時間ほどかかるらしい。
IMGP2054.jpg

遠くダム湖が見えました。
IMGP2058.jpg







一度は行ってみたいと思ってた馬路&魚梁瀬の旅
娘と一緒に行けて良かった。
あんだけ車で走ったのに、高知県から出てないっつーのもすごいわな。
高知、ひろい!



なんとなーく、学校休んで、でっかい木見た
ってなくらいで、娘の思い出にも残ってくれることを願って。。。
IMGP2037.jpg



帰りの車の中、ひたすらおつまみ昆布を食べてた娘。
家に帰っての一声は、
「こんぶおいしかった~ また買うてよ」
でしたけど・・・



コメント

一泊二日の馬路の旅、天候に恵まれて良かったですね。魚梁瀬の千本山は、巨木の杉が多いですね。木を一本切り出すとん百万円 みたいな山を育てていたらしいです。営林署でも出世コースだったらしく、「単なる片田舎ではない」村です。村長さんの話も聞きましたけど、世界に村をブランドとして売り出すという壮大なお話で、うなりました。
 子連れで行った時、インクラインが面白いなと思ったけど、日曜日でないと乗れなかったかなぁ。夏の安田川は、子どもらがドボンと飛び込み、ジャブジャブ泳いでいる横で、アマゴが釣れてびっくりでした。馬路には信号もコンビニも無いけど、コンブが品切れになったら困ったかな。
 四万十川にも子連れで行きたいと思っているのですが、なかなか時間が合わなくなってきました。学校休んでも行ける時に行ったほうがいいですね。やっぱり。

母、おつかれさん♪
感動した

>くまさん
そうなんですっ
インクラインお休みだったのーーっ
そうそう、その時も娘に
「ほんまに残念な時に来たがやね」
って言われました。。。(たはは)

吊り橋の手前にある池でアヒル見て喜んどりましたわ。

世界に通用する山なんですね。
そういや、案内のおんちゃんが、山にいる杉の体積が世界一だと言っとった。
娘に「体積って何?」
って聞かれたけど、適当にあしらったのを思い出した(汗)

今はヘリコプターで木を伐りだしてて、楽になりましたよ、って言ってた。
確かに、あんなでかい木、昔は伐りだすのにも大変やったんやろな~
すごい。

そか、そのうちもっとでっかくなったら学校もおいそれと休めなくなりますな。。。ついて来てくれなくなる日も近いかも(たはは)

>なっつ
おつまみ昆布?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 四万十楽舎日誌 all rights reserved.Powered by FC2ブログ